--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.09

甘美でも華美でもなく。

ブログをお休みしている間、毎日たくさんの方が見に来てくださっていたのに
更新できず、申し訳ありません。

PCも、開かない日のほうが多く・・・
うっかり隠居するところでした。


ハニョもこんな感じ。

2011-3-9-16.jpg



年が明けてから、わんこ行事で楽しいこともいろいろとあったんですが
記事を書く余裕がまったくないまま過ぎてしまいました。



CAJAの会のキャバチームで、「キャバクラ会」をやったり。

ボランティアのメンバーに、うちとあわせてキャバオーナーが3組いるので
仲良くしてもらっています。


2011-3-9-1.jpg



気の合う面々がmoccii家に集って、

「りん・れん亭」出張の、絶賛お好み焼きを堪能したり。


2011-3-9-3.jpg



ドッグダンスをがんばったり。

今は「バック」を覚えようと頑張っているところですが、難しい・・・。


2011-3-9-2.jpg



楽しかったことはあれこれと。
今年も、楽しい思い出がたくさんできるといいな。





本題へ-


少し長くなる上、個人的な話なので (ブログはどれもきっと個人的な話だけれど
時間のある方はおつきあいいただけるとうれしいです。



午後の陽射しの中に春を感じられるようになってきて、
ふとほんの数分、物思いにふけることがあります。


つい数日前も、
はじめてmasaとシャビに会ったのは一昨年の10月のことで
そこから2年と4ヶ月が経ったんだなぁ、と・・・


もう2年。 同時に、まだたったの2年。


シャビとハニョが遊びはじめた頃。ハニョがまだ遠慮して強気じゃない。
2011-3-9-14.jpg



ハニョと出逢ってからは、3年8ヶ月が経ちました。


2011-3-9-17.jpg



これまでの人生の中でいえば、たったそれだけの短い期間が
どれほど未来を変えたんだろうと思うと
言葉では言い難い、感慨深い気持ちになる。



ハンニバルを迎える前のわたしの生活は、
たくさんの友人に囲まれて、とても賑やかで、いつも忙しくて
でもひとりの時間が一番好きで、
そして、正直に言うならばおそらく、とても孤独でした。
家でも居場所を探していた子供の頃からずっと。

いつも心のどこかで、「しっかりしなければ、しっかり生きなければ」と
言い聞かせながら気を張っていた気がします。


一人ではないことがこんなにも楽しく、愛しく、あたたかいだなんて
愛情に責任を持つということがこんなに重く、尊いことだなんて
ハンニバルを迎えなければ知らないままでいたと思う。

気がつけばいつの間にか、一人ではなくなっていました。


2011-3-9-18.jpg



結婚してさらに家族が増え、一年と少しが経った今でも、
ふと・・・「もうひとりではないなんて」と
静かな驚きと安堵を感じることがあります。


ハニョとシャビとmasaとの「家族」としての成り立ちを思うとき、
いつも心に浮かぶ情景があります。

交際をはじめてから一ヶ月足らずで親に結婚の挨拶をしに行ったので
まわりからはスピード婚と驚かれ(「犬婚」とも言われたけど
話が進む中でも、自分でも実感が沸いていませんでした。


でもある日の、ほんの何気ない日常の一瞬が、
わたしの心を強く動かしました。


2年前の冬のことです。


ふたりと二頭で遊びに出掛けた後、
当時わたしが住んでいた港区の家に帰って、
ふたりで近所のごはんやさんに出掛けた時のこと―


家から歩いて3分のお店で食事をして、本当ならもっとゆっくりすればいいのに、
masaもわたしも、申し合わせたように早めにお店を出て
家まですぐの距離を、ふたりともいつの間にか早足で
頭の中では、家で待っているハニョ&シャビのことを考えていて・・・

家の下に着くと、
今度はどちらともなく、足音を立てないように「しーっ」と指を立て、
2頭を驚かせようと、こそ泥のようにそろりそろりと家への階段を昇り・・・

でも2頭はわたし達が近づいていることを知っていて、
扉を開いた瞬間、鳴き声をあげながら胸に飛び込んできました。

尻尾をちぎれんばかりに振って抱きつくハニョとシャビを
masaと代わる代わる腕に抱きながら、
とてつもなく大きな幸福感に包まれていることに気がつきました。


ふたりともが早く家に帰りたくて、その家には大事な存在が待っていてくれる-
当たり前かもしれないけれど、こんな幸せがあったんだ、
そしてこれは一瞬で終わることではなく、この先ずっとみんなで生きていくんだと
溢れそうに大きな安堵と喜びが心を満たしたことを憶えています。


ハニョとシャビが出逢って2ヶ月が経った頃の一枚。
2011-3-9-12.jpg



甘美でもなければ、華美でもないけれど
大切な存在が、確かに腕の中にいると実感した一瞬。

それはまちがいなく、
わたしの人生においてもっとも幸福な、最良の一瞬でした。

おそらく生涯にわたって、わたしはその一瞬のことを
何度となく心に描き続けるだろうと思います。



この頃の2頭。
2011-3-9-8.jpg



そこから2年が経って、
腕の中に抱くべき大切な存在がひとつ増えることになりました。


妊娠5ヶ月も半ばを越え、来週末には6ヶ月目に入ります。
順調にいくと、夏に新しい家族が増える予定です。


2011-3-9-10.jpg



妊娠がわかったのは預かりワンコのぺーちゃんがまだ家に居た頃ですが、
初期は、つわりと眩暈で、犬たちの散歩に行っては吐き、
ペロのトイレの失敗を片付けては吐き・・・

でも、ペロが家から旅立つまでどうしても見届けたくて
ほとんど気力と根性で過ごしていました。

ぺーちゃんが無事旅立った後も、
次々にやってくる痛みや疲れと向き合うので精いっぱいの日々でした。


もともと弱いと言われていた免疫力がさらに低下したようで、
高熱を出したり、帯状疱疹が出たり・・・

1月には盲腸が再び腫れて、でも薬は使えないため様子見となり、不安な日々。


そういえば、去年に引き続き今年もおみくじは凶だった・・
2011-3-9-15.jpg



2月の前半は会社の移転で慌しく、調子が悪いとわかっていたものの、
なんとかやれるだろうと誤魔化した結果、
歯の痛みからはじまって顎の骨、首、頬まで大きく炎症して重症化してしまい、
激しい頭痛も伴って、急きょ、
大学病院で頬の内側からの切開オペを受けることになってしまいました。

「赤ちゃんは大事だけど、母体も大事」と、
「今すぐやらないと、顔の外側から大きく切ることになる」と先生に諭されながら
お腹の赤ちゃんに申し訳なくて、赤ちゃんへの影響が怖くて、ただ泣いていました。


先生自ら、「一番やりたくないオペ」だという、痛みが強いオペを
赤ちゃんへの影響を考慮して、麻酔も痛み止めもほとんど使わずにやったところ、
身体の痙攣が止まらないほどの痛みとショック・・・
専門チームの優しいスタッフの方々に手を強く握られ、
「強いね、お母さんになるんだもの、がんばれるよね」と言う声をただ聴いていました。
お腹の赤ちゃんがいなければ、オペ室から脱走していただろうな。

「一番やりたくないつらいオペ」だなんて
オペが始まってから言うなんて、先生ずるい!と思ったけどね・・・(笑)


その後は点滴や術後処置で毎日通院が続きましたが、
3月に入ってやっと体調も落ち着きました。


「生まれる前から強運だ」と周囲から言われた赤ちゃんは元気に
お腹の中をふわふわと浮かんでいます。
面倒臭そうに動く姿が、どこかハニョを思わせる・・・


黙想中。
2011-3-9-9-2.jpg



最近は胎動も感じるようになりましたが
お腹の上で寝そべるのが大好きなハニョ&シャビは
わたしより身近に胎動を感じているかもしれません。


無事に生まれてきてくれるか、きっとその瞬間まで心配ですが
ゆっくりでも、順調に育ってくれることを祈るばかりです。

これまで犬まみれで来たわたし達が、
子供が生まれてきた後にどう過ごしていくのか、それもまだうまく想像ができません。
ハニョ&シャビと、どんなふうに関わっていくかも。


2011-3-9-7.jpg



ただひとつ、思うのは、
君たちがいなければ、新しい命と出逢えなかったことは確か。


だから、どんな状況でも2頭のことを変わらずに大切にしようと
いつもmasaと確認しあっています。


2011-3-9-4.jpg



甘美でも華美でもなくていい。

ただ、2年前の冬のあの日に2頭を抱きしめた時に感じたような、
ささやかだけれど、拡げた両腕からこぼれおちそうな幸せを大切にしたい。


2011-3-9-5.jpg



ゆっくりと、一歩ずつ。


読んでくださってありがとう。


2011-3-9-6.jpg


また大きな変化が訪れようとしていますが、
どうぞこれからもよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
2010.11.11

切るとか切らないとか

ご心配をお掛けしました。

メールや電話をたくさんもらって驚いてしまった・・・


ほとんどあきらめた気分で昨日病院を受診したのですが
即手術じゃなくて大丈夫になりました。

検査の後に入院と言われて再度受診したところ、
腫れが少し引いて、採血の値も下がってきているので
痛みに耐えられるなら薬で散らすこともできそうだと言われ、
そうすることにしました。

数日は気をつけて様子を見て、
次に強い痛みがあった時には今度こそ手術と言われましたが
このまま落ち着いてくれるといいな・・・と期待してます。

再発する場合も多いし、切ったほうが安心、という見方もあるけど
「切ってください!」と言う勇気はなかった


昨日は熱と頭痛もあって、一日寝込んでいたのですが、
masaが家事からワンコたちの世話まで引き受けてくれました。
有り難いです。

キャバリアーズも一日中、添い寝をしてくれました。
競うように、しがみつくように・・・(^^;

今日は痛み止めも効いていて、一昨日や昨日よりずっと楽になりました。



若い頃に、同じように虫垂炎の手術を先延ばしにして、
結果、大変な手術になった父は
「なんで切らないんだ、せっかくだから切ったほうがいい!」と苦言。

「なんなら、うちによく切れる包丁があるけど・・・」 と続けて一言


物騒なのでやめてください。



リラックスしている昨夜のペロ。
pero2010-11-10-2.jpg



予定通り、明後日の土曜日はトライアルのお届けに行けそうです。

往復4時間くらいはかかるかな?
体調を整えておかなくては。


人間が座る場所がないんですが・・・
2010-11-10-3.jpg


もうすぐだね。


2010.09.21

大阪滞在記&再告知

前回の記事に続き、再度の告知ですー。

(本記事はその後にあります。)


23日の木曜日(祝日)に、潮風公園 太陽の広場にて
イベントが行われます。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 『with 1 カーニバル in 潮風公園』 ←クリックで詳細に飛びます。


【日時】 9月23日(木・祝日)10:00~:17:00 小雨決行

【場所】 潮風公園 太陽の広場(クリックで詳細へ)

【入場料】 300円(中学生以上) ワンコと小学生以下は無料。
こちらで割引クーポンが印刷できます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 



せっかくなので、ペロも参加します


2010-9-17-10.jpg



もし少しでもペロのことを気になる方がいらしたら、
お気軽に会いにいらしてください。


ハニョ&シャビもペロ応援隊として参加予定ですー。
応援隊というよりは「足ひっぱり隊」になりそうな気もするけど・・・


2010-9-17-1.jpg



くわしくは、カヤの会のブログにも載っていますが
会場の見取り図はこんな感じですー。

画像をクリックすると大きく表示されます。
siokaze1.jpg



スタッフは入れ替わりながら、あれこれやっていると思いますが
わたし達は11時-13時前後は確実に会場にいると思います。


ペーちゃん、犬も人も大好きだからテンションがあがるだろうなぁー。

ビラ配りをしている人間の近くで、「こっちに戻ってきなさいよ!」とばかりに
わぉうわぉうと鳴いてる茶白の犬がいたら、たぶんそれがハニョです。

その傍で、めちゃくちゃうれしそうにテケテケ動いている陽気な犬がいたら、
おそらくそれがシャビです。

もしワンコたちの姿が見当たらなかったら、声をかけてみてくださいー。


ただ、今のところ予報が雨なんですよねー! 誰が雨女・・・(以下自粛)
小雨決行なんだけど(涙)雨だったら、ワンコたちはお留守番になると思います。
天気予報が変わることを祈るばかり。






本記事へ。


昨日、大阪から帰ってきましたー。
わんこたち、ただいまー!

大歓迎の舞で、特にハニョには窒息させられるかと思いました・・


昨日からいつも以上に追い掛け回して監視体制継続中。
2010-9-17-11.jpg



大阪~京都の単身旅、時間の許す限り堪能してきました。

いつも旅では「何もしない」がモットーのわたしですが、
今回は大阪/京都に住む親友たちがあれこれ考えてくれ、
いろいろともてなしてくれました。

結果、なぜか筋肉痛に(笑)
旅先ではいつもホテルでうたた寝ばかりしてるのに、今回はめずらしく出歩いたもんね~。


大阪と京都に住むふたりの大親友。
12月の結婚式にも遠路はるばる来てくれて、立会人とスピーチをしてくれました。
この距離では年に何度も会えるわけじゃないけど、
会うとまるで昨日会ったような気分になる。

特に大阪の親友宅ではずっとお世話になり、
あまりに広く快適で眺めのいいおうちに、居座りたくなるところでした・・



3日間、ほんとうに楽しかった!



ずーっと会いたかった「セナ」ともやっと遊べた(^人^)

とにかくスケールの大きい破壊活動やイタズラが好きなセナ、
想像以上にイイコで甘えん坊でした。

もう可愛くて~泥だらけになって遊びたい(笑)

2010-9-17-4.jpg



絶品のハンバーガーを食べに行ったり。シャンディーガフもおいしかった!


2010-9-17-2.jpg



陽射しの強さがまだ残る京都を歩いたり。

南禅寺~永観堂が昔からすき。


2010-9-17-7.jpg



親友の実家でのお寿司パーティに招いてもらって
おいしいごはんをたくさんいただいて、大人数でたくさん話してたくさん笑って
甘えん坊の猫・アンビーと戯れたり。


2010-9-17-6.jpg



親友のお友達が店長をしているクレープやさんで、
めちゃおいしいクレープをいただいたり。

セナもご同行。お利口!
2010-9-17-8.jpg


クレープ大好きなんですが、今まで食べたクレープの中で一番おいしかった!
今またすぐに食べたいくらい。じゅるっ。
お近くの方はぜひ行ってみてください~~!

大阪市東淀川区(大経大近く)のクレープ屋さん、『Cherish』(チェリッシュ)
こちらが店長のフーミンが綴るお店の公式ブログです。


セナもバナナをもらってご満悦。

2010-9-17-9.jpg



「ペット博」にも、ちらりと行ってきました。
会場を一周しただけで、すぐ出てしまいましたが・・・

すごい人出でした。
2010-9-17-12.jpg


次の記事で、この日に遭遇した可愛いキャバたちの写真だけでも
載せたいと思っていますー。


大切な友達と会ってゆっくりお互いの話をして笑って、
ただそれだけで静かなエネルギーと元気をもらいました。

この時期に会えてよかった。
本当にありがとう。




反面、連休を犬まみれで過ごしたmasa。


ひとりの時間を楽しみながらも犬たちの世話はしっかりと、
3頭を散歩に連れて行き、ハニョのイタズラに卒倒し、
夜には電話の受話器越しにワンコ達の吐息(たぶんヨダレつき)を聴かせてくれました。


おつかれさまでした。ありがとう!


2010-9-17-15.jpg


「やえがいないと、ハニョは俺にべったりなんだ!」とのこと。ふーむ。



「23日は祝日かー!うれしいな~」とmasaが一言。


わたしも一瞬喜びかけたけど、
いやいやmasaさん、23日はわんこのイベントでビラ配りですから・・・


2010-9-17-16.jpg


早起きしてみんなでがんばりましょうー。


2010.08.12

発熱休暇。

新潟から帰ってきました。

のんびり、ゆっくり休暇を過ごしていたのですが、
滞在中に風邪をひいて、帰宅後に悪化させてしまいました・・・
昨夜になって熱が39度を超えたので、今日病院で解熱剤をもらってきましたー。


休暇前の一週間は仕事も私用も忙しく、
ペロが来て最初の週でドタバタだったので、
体調が悪いことは自覚しつつ、だましだましやり過ごしていたのがいけなかったよう。


ハニョ&シャビは至って元気でゴキゲンです。

ペロも先ほど帰ってきました。
迎えに来たmasaの姿を見て、とっても喜んでいたみたい。
家に入るとさらにはしゃいで飛び回り、
ガラスのテーブルに頭をぶつけ、水入れを倒し、チッコをジャージャー、
という喜びぶり。


とりあえず明日以降の休暇の予定はキャンセル。
体調が回復するまで、おとなしくしていようと思います。
申し訳ありませんが、コメントやメールのお返事はもう少々お待ちください―。

ふだん、そんなに長く寝ないので、横になっても眠れない・・・
高熱のせいで関節の痛みがひどく、本を読もうとしても頭が痛みます。
ゴルゴ13でも読むとしようかなー。


新潟に到着した時のハニョ&シャビ。
100808_.jpg


微熱はあっても、高熱は久しぶり。なかなかつらいですね~。
皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。


2010.07.01

あしたおめでとう。


書きたいことは毎日たくさんあるけれど・・・

時間ばかりが過ぎてゆく。

無常なほど正確に。


「時は偉大な作家だ。つねに完璧な結末を書く。」 

という台詞が出てくるのは、チャップリンの『ライムライト』


その言葉通り、時間は毎日、一日ぶんの物語を刻みつけていく。


DSC_8873.jpg



6月28日は誕生日でした。

空はぼんやりと滲み、雨粒たちは地上に降りる準備をしているような、
いかにも梅雨空にふさわしい日。


今年の誕生日は、残業して、帰ってきてつばさを洗ってケージを掃除し、
人間のごはんを作って・・と、いつも通りの一日。


家族、幼なじみに悪友、気の置けない友人たち、きょうだい、会社のお友達、
犬を通じて知り合ったお友達や、ブログを読んで下さっている方に至るまで
たくさんのお祝いのメールや、カードや、手紙、贈り物等々、
ほんとにありがとう。

何から返していいのかオロオロしながら、
有難き幸せを甘受しています。


誕生日前日に電話をくれた甥っ子の、
「やえ、あしたお誕生日おめでとう!」って言葉には笑っちゃった。
「あしたおめでとう」って先取りする発想がなかったよ。さすがだ。


誕生日だなんて、知らないよね? いつも通りの皆さん。
2010-6-28-7.jpg



0時になって日付が変わり、誕生日を迎えたとき、
masaがシャビとハニョの肩を抱き、円陣を組んでごにょごにょと
「おねえちゃん誕生日なんだよ。おまえたち、一緒にお祝い言いに行こう!」って
アツく誘ったものの、
その言葉で2頭はキッチンに向かって急ぎ、何か落ちてないか探索(笑)

そりゃそうだよねー。食べ物への期待にはかなわないわ。


何かをあげるより、もらいたい3頭。
2010-6-28-6.jpg



でも、あれれ・・・?


お風呂からあがって戻ってきたら、
くつろいでいるシャビの身体の下に何かが!


2010-6-28-3.jpg


「しゃーちゃん、なんだろ?ちょっと見せて!」と
身体をずらしてみると・・・


2010-6-28-5.jpg


シャビからのバースデーカード(笑)


ウチではお互いの誕生日にカードを渡すほかに、、
masaの誕生日にはハニョから、わたしの誕生日にはシャビから
バースデーカードがもらえることになっています(^^;


今回は、スティッチのカード。 うれしいー!
中にはちゃんと、シャビらしい言葉が並んでいます

2010-6-28-4.jpg



今じゃ飲み歩くよりも、お出掛けやデートよりも、
こうして家でゆっくりと誕生日を迎えられることがうれしい。

日々の贅沢もすっかり変わってしまい、
今では、忙しい合間のわずかな時間の読書や、
時間がとれる休日の、ちょっとの昼寝が何よりもの贅沢で楽しみ。


そして、暑いとか、重いとか言いながら
ワンコたちと重なり合って、ふかふかの中に埋もれる幸せ。

いや、実際重いけども・・。

どう見ても・・・飼い主との大きさの比率がおかしい小型犬。ほんとに大きいねー。
2010-6-28-8.jpg



大切なものが手元にあふれる今となっては、
自分の楽しみを一番に考えたい、とは思わない。

大切な存在が穏やかに楽しく毎日を過ごせるように、
ひたむきな瞳に映るものがキラキラしたあかるい世界であるように、
一心に注がれる愛情を受けとめるだけの余裕が自分にあるように、
願わずにいられない。


2010-6-28-1.jpg


願うだけじゃない。
決意して、また新たな一歩を踏み出していく。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。