--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.28

衝撃?・・・さよなら亜熱帯。

大変ご無沙汰しています。


4月の引越しのときからずっと、記事を書こうと思っていたのに

(毎度のことながら)いろいろとあって・・・

書こう、書きたいなーと思うまま、7月も終わりになってしまいました。


いつのまにか、梅雨も明けていた。



先月からこれまで、医師の指示で自宅安静が続いていて
薬の副作用なども強く、
身体的にも、精神的にもきつい毎日でしたが
それもそろそろ終わりそうです。


臨月も後半に入り、出産予定日の8月7日まで、
あと10日となりました。

未だに実感も、兆候もないけれど。


これまでの日々をざっとでも書こうと思ったのですが、
こんなにもひさしぶりだと、何から書けばいいのやら

まとまりがつかないので
書けたら、UPしたいと思います。



久しぶりに自分のブログにログインしてみて、
これだけ更新が滞っているにも関わらず、
未だにたくさんの方が見に来てくれていたことに驚き・・・

気ままに携帯から書いていた「つなビィ」にも、毎日たくさんアクセスをいただいて
わざわざ見て下さってありがとう。



ハニョ&シャビは、変わらずとても元気です。


2011-7-28-10.jpg



安静がはじまってから、ほとんど24時間一緒にいます。


2011-7-28-3.jpg



それにしても暑いですね。


築年数を重ねた戸建ては、風通しがいいのだけれど
気密性がないぶん、エアコンの効きが悪く、
春まで住んでいたマンションよりも、かなり暑さを感じます。


中でも、うちで一番の高温多湿地帯は・・・とても暑そう。


2011-7-28-1.jpg



そう、そこはまるで亜熱帯・・・。


2011-7-28-2.jpg



扇風機や保冷剤、ジェルマット、アルミマットを使っても、
暑そうに見える。


節電ムードも濃いこの夏。

本当は長い毛のほうが好きなんだけど・・・
切ったらどうなるのか、ハラハラしたけれど・・・

飼い主の好み云々よりも、
さすがにこれは厳しいだろうと、とうとう、とうとうやりました。



ハニョ、初のサマーカット!



シャビは去年と同様、若干長めのサマーカット。

耳もおかっぱ風に揃えてもらいました。

2011-7-28-4.jpg


シャビもともと被毛が短めで、伸びるのも遅いので
サマーカットがずいぶんと長持ち。


そしてハニョは・・・


なんとまぁ。


つるんつるん!!
2011-7-28-6.jpg


写真だと見えにくいですが、

尻尾と、前脚のプレスリー毛と、お腹のサイドの毛を少し残して
アメリカン・コッカーのような感じにしてもらいました。


どうでしょう? かなり涼しげじゃないかな。


呼ばれてもいないのに振り返る・・・
2011-7-28-7.jpg

おしりが大きいねぇ~。



すっきりしたので周囲からも評判がよく、
特にmasaは、「まるでパピイみたいだ!」と喜んでいます。


本人(犬)も以前よりずっと涼しそうだけれど、
いつものようにいじけ調子は変わらず。


2011-7-28-8.jpg


これでこの夏を乗り切ろう!


また近々更新できればいいなぁ。

2011-7-28-11.jpg


みなさんも夏バテに気をつけて、
すこしでも涼しい夏にしてくださいね。


スポンサーサイト
2011.03.31

前へ。

今回の震災により、多くの方々が亡くなられたことに
深い哀悼の気持ちをささげます。

また、大切な存在を失ってしまった方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。

被災された方々には、
一日でも早い復興と、心にあたたかさが戻られることを
祈ってやみません。




ブログ復活のつもりでいましたが、
震災の余波も大きく、
更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしました。


きっと、すでにたくさんのブログで
被災地の動物救済のための情報を発信していると思いますが
こちらにも情報先を載せさせていただきます。


<震災における動物救援に関する情報はこちらから>

緊急災害時動物救援本部

社団法人 日本動物福祉協会

財団法人 日本動物愛護協会

社団法人 日本獣医師会 


東北地震犬猫レスキュー.com





うちとしては、微力ではありますが、
赤十字と緊急災害時動物救援本部に義援金を送りました。

まずは人間の救済、と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが
被災地の方々が大切にしていた動物たちを救うことは
その方々の心を救うことだとも思っています。


東京都の愛護センターでも震災後から、たくさんの犬が保護されました。
悲しい話ですが、飼い主による持ち込みも多いそうです。

首都圏の物資の不足、相次ぐ余震、放射線による汚染。
その不安からペットまでも手放すのでしょうか。

カヤの会でも、センターから保護犬を引き出そうという話になっているのに
ガソリンが不足していて迎えにいけない状況が続いています。


何ができるのか。 震災後からずっと考え続けています。

祈ることだけではなく、
小さいことでも、自分ができることをやっていかなければ。







近況報告としては、みんな元気です。


震災後の影響が大きい不慣れな生活の疲れと、非常に忙しいことが重なり、
また、報道で見るあまりの被害の大きさにショックを受け、
自分たちの身の回りの物資不足や水の汚染などを深く思い悩む余裕もないまま、
日々が過ぎてしまいました。


友人たちや、遠方に住む大切な人たちから、
「大丈夫なの」「モノは足りてるの」と連絡がくるたびに、
「身を心配する余裕もなかった」と言うと、呆れられますが・・・



シャビは相変わらず楽しそうです。

次にガソリンがいつ手に入るかわからなかったため、
ドッグランに行ったり遠出ができないことが、少々不満のようだったけれど。


2011-3-30-1.jpg



ハニョは、震災後しばらくは不安定で、
ふだんなら、出勤時にはおとなしく見送るのに
毎日、玄関まで後追いしながら激しく鳴いて、
帰宅時には抑制が効かないような喜び方をしていました。

仕事に行くときには、「もしまた大きな地震があって会えなくなったら」と思うと
心が引き裂かれそうになりましたが、
masaの会社が一週間自宅待機になったため、
安心して犬たちを任せられました。



今はハニョも元気です。

普通ならおかしいこんな脱力ポーズが、ハニョが元気である証拠です。


2011-3-30-2.jpg



平日は仕事へ、週末は引越し先の家の修繕で千葉へ赴き、
日曜日の夜に都内に帰って、月曜の朝からまた仕事という日々を送っています。


通勤状況は安定せず、運行本数が減っている上にダイヤの乱れも多く、
毎朝、毎晩、何本電車を待っても押しつぶされるほど混んでいます。

くわえて、会社では産休前の引継ぎ準備がはじまり、
ルーティンの仕事の合間に、後任の方への資料を作る毎日。
抱えている仕事量が多く、引継ぎに約3ヶ月かかるため、
すべて教え切れるのか、不安も感じています。


会社のビルは暖房を切っており、通路などもとても暗い状態。
足の先や指先も冷たくなるほどで、コートを着込んで仕事をしている人も多いです。
ハラマキして、ヒートテック着て、毛糸のパンツ穿いて
それでも手足が冷たくなるので、今は湯たんぽで足先をあたためながら仕事をしています。

仕事が終わってスーパーへ行けば、目につくのは空の棚ばかり。
パンも卵も牛乳も水も買えず。
それでも今は、肉や野菜が買えるようになっただけ、まだよくなりました。
食べられるものがあるだけ恵まれていて、
その日に手に入るものを食べればいいのだから。


帰宅して家事を終える頃には疲れがどっと出て、
体力的にも精神的にも毎日を過ごすのが精いっぱいでした。

ストレスがかからないわけがないけれど、
なるべく不安を感じすぎないように、気をつけています。

ニュースも必要以上には観ていません。
日々流される、不安をあおるようなニュースや、悲しいニュースばかり見ていると
希望を見出すことが、難しく思えてしまう時もあるから。



でも、みんな元気です。


2011-3-30-16.jpg



自分たちのことだけではない、

守るべき存在のためにも、しっかり気持ちを持たなければと思っています。


masaの話を聴く2頭。
2011-3-30-8_20110331223804.jpg




今回の震災後から、あちらでもこちらでも、
たくさん聞かれた言葉。


‘申し訳ない気持ちになる’


自分が大変でも、精神的につらくても、みんながみんな、
「自分よりもっと大変な人がいるから」
「こんなことでつらいと言ったら、被災地の方々に申し訳ない」 と言う。
遠方に住む友達からもそんなメールが来る。

自分がつらくとも、もっと大変な人の身を案じる-
これが、海外の人たちが感嘆する、日本人の素晴らしい資質なんだと思います。

でも、ガマンしすぎないでくださいね。

申し訳ないと思い続けて、つらい気持ちに覆われないように。
うれしいとか楽しいとか、喜びを「感じる心」までなくさないように。


わたしも、慌しく過ごしながら、
時々、突然にぽたぽたと涙を垂らしたくなり、
ただただ泣きたい気持ちになるときがありました。

でも、大変な状況にない自分が泣くのはおかしいと思って、自制していました。
もっとあかるい気持ちを持たなければ、と。



節電のため暖房をつけずに、毛布をかぶって本を読もうとすると、
慌てて走ってやってくるのは、「あっため隊」の方達。


久しぶりにゴルゴを読む。ハニョも愛読中。
2011-3-30-3.jpg



自然に力が抜けていきます。

今日できることを頑張り、でも、頑張りすぎずに、
毎日を大切に、力を抜いて過ごせたら。




とうとう引越しも来週末になりました。

震災の影響で引越し先の家の修繕をはじめるのが遅れたことに加え、
当初は簡単な修繕を行うはずだったのが、
床や壁を張替えたり、和室の畳をフローリングにしたりと、
ほとんどリフォームのようになっていて、未だに終わりません・・・
購入した家電や家具なども、震災の余波で生産が追いつかず遅れるとのこと。

ふたりとも通勤がだいぶ遠くなることや、
引越し先の下水から放射線の規定値を越えた水が検出されるなど、
不安や心配なことも色々とありますが、前向きに。


今度の家は、年代モノの味のある一軒家です。

以前からmasaと、
「古い一戸建てでハニョ&シャビと一緒に、気兼ねなく暮らしたいね」と
話していたので、ふたりとも楽しみにしています。
ハニョ&シャビにとっても、良い環境になります。


先週末と今週末のミッションとして、
和室以外の床の全面に、クッションフロアを敷いているところです。
ハニョ&シャビの足が滑ってケガをしないための対策。

この時期で業者さんが忙しく、日程の都合がつかなかったこともあって、
大工さんが必要なところを施工したあとは、
床や壁の張替えは、masaとmasa父がほとんどのところをやってくれています。


masaは、床張りが職人並みにうまくなってます。
がんばってください・・・。

2011-3-30-6_20110331223804.jpg



家の修繕の合間には、河原の土手を散歩。
シャビもハニョもすごくうれしそうです。

2011-3-30-4.jpg



引越しについては、落ち着いてからまた書けたらいいなぁ。
(と言いつつ書けずに終わるのが、このブログの常ですが)


2年前の引越しの時も大変だったなぁと、
ずいぶんと昔のことのように懐かしく思います。



久しぶりに記事を書いたというのに、明るい記事ではなく、
読んでくださった方をしんみりした気持ちにさせてしまったかもしれないので
最後はお決まりの、ハンコロジスタ容疑者の登場で締めたいと思います。



飼い主の手から梱包材を奪い、

引越しの手伝いを必死にがんばってます。


2011-3-30-10.jpg



ガムテープは顎を置くためのものじゃないんですが・・・


2011-3-30-14.jpg



ソファの背に乗ってガムテープを死守する、脅威のバランス感覚。


2011-3-30-11.jpg



クイックルワイパーのシートをくわえて逃げる。

掃除まで手伝ってくれようとしなくてもいいんだけどね・・・


2011-3-30-12-2.jpg


・・・とまぁ、こんな具合に、

飼い主の手を煩わせています。

でも、ふっと笑ってしまうこの一瞬に、今は助けられてる。




「夜明け前が一番暗い」 という言葉があります。


明日から4月です。桜も咲き始めました。

一日でも早く、被災地の方々をはじめ、みんなが安心できるように、

安全でゆるぎない世界が戻ってくるように、

少しずつがんばりましょう。



最後に、
大変なことがあったとき、心の糧にしている言葉のひとつを。


神秘的な宇宙が、悲しみを軸に回転するとは信じられない。

不思議な美しさを持つ世界は、どこかで純粋な喜びに支えられているに違いない。




2010.12.31

さよなら2010年。また会いましょう。

実感もないままに2010年も終わろうとしています。

やっと書き終わった年賀状を目の前にほっとした瞬間、
コーヒーカップを年賀状の上にドバッと倒してしまい、ぎゃー!

昨日慌てて新しい年賀状を買いに郵便局へと走り、
印刷からやり直し(涙) やはりわたしだ・・・。


ヒィヒィ言いながら必死にやっている中、
目の前には相変わらず、うだうだ・のろのろと暖をとる姿が。


やはり、眉毛下げて凝視。

2010-12-30-1.jpg



あったかマットの「ねころんぼ」を出した途端、大集合。


シャビに押しつぶされているというのに、ハニョは気にならない様子。

2010-12-30-4.jpg



溜まっていた疲れを癒そうとお風呂に入っても、
いつもよりちょっと長く入ったくらいで、
ドンドン!と洗面所の扉を叩く音がする・・・。


もちろん、ハニョです。

人がお風呂に入っている時間を測っているのか?
いつもより長風呂だと、扉をバンバン叩いて
「まだ?まだなの?」とやってくるんですよーー。


2010-12-22-2_20101230225155.jpg




ぺーちゃんの件では、一緒に喜んでいただいてありがとうございました。

メールでも日々の様子をご連絡いただいてるうえ、
今日、お手紙と写真が届いたのですが、
幸せに溢れている内容で、胸がいっぱいになります。


「なでて」とそっと控えめに片手で触れてくるしぐさはなんともいえず、
遠慮しないで~とついつい撫でまわしてしまい、とっても甘やかしてしまいそうです。
主人はいつも連れて歩いていて抱っこばかりしています。
夜は本当に一緒に寝ていて、ケージの出番がありません。



とのこと

おうちにも慣れてきて、それぞれの場所で自分の席を決めているそうです。


名前はペロのままと仰っていたのですが、
先代のわんこと呼び名が似ていて間違えてしまいそうとのことで、
「ルーちゃん」になりました。 
本名は「ルーカス」です。 素敵な名前♪


陽だまりの中で寝ている写真。

2010-12-30-3.jpg


「幸せな年末になりました。」と書き添えられていました。

お正月だけじゃなくて、
ずっとずっと幸せな毎日を送れるね。




最近、ルーちゃんのことを書くことが多かったので
あまり大きな出番のなかったハニョ&シャビですが
ハニョの悪行は相変わらずです。

毎日が知恵比べ。


預かりワンコがいる時は、トイレトレーニングでの失敗も多いので
スリッパ代わりにクロックスを履いているんですが
(チッコを踏んでしまっても、さっと洗えてすぐに乾く)

ハニョはこのクロックスをいかにして奪うか、ご執心でした。


足から引き抜く、トイレに行った隙に奪う etc 
手段は選ばない。


2010-12-30-5.jpg


ここで、「返して!」などと言うとハニョを喜ばせてしまうので
見ないように見ないように、無視していると・・・


ハニョも頭の使いどころ。


わざわざ目に入りやすい場所に移動し、

よいしょ、よいしょと器用に前脚を使ってクロックスを立てて・・・

2010-12-30-6.jpg



「見えますよね?」と、猛烈にアピールしてくる


「返してほしくないんですか?」
2010-12-30-7.jpg


本当にこれは犬なのだろうか・・・。

日々、余計な知能がUPしてる。





大晦日になりました。


一年を振り返って、いろいろあったなーとしみじみする間もなく、
年が明けてしまいそうです。


一昨年の2009年は引越しにはじまり、
預かりワンコのボランティアを開始して、結婚式の準備と、
休む間もない一年だったので

2010年は少しはゆっくりしようね~なんて言ってたのに
なんのことはない、
2010年もスケジュール帳や時計とにらめっこしながらの慌しい一年となりました。

それでも、着実に一歩ずつ歩みを進められたと少しほっとしています。


来たる2011年こそは少しずつゆっくりする生活にシフトしたい、と思いつつ、
どんな一年になるだろう。


わたしは2月に会社の移転を控えて仕事はドタバタ、
3月には家も引っ越す予定です。

そう、春には東京を離れます。
といっても引越し先は近県だけどね。

引っ越すにあたって、やることリストがたくさんあるので
のっけから、忙しくなりそうな予感・・・。


2010-12-30-12.jpg



そんなわけで、しばらくブログもおやすみをいただこうと思います。

しばらくゆっくり過ごして、
余裕が出てきたらまた記事を書きたいと思います。

もしくは、書きたいことがあふれたなら。


復帰は未定ですが、
時間的・体力的な余裕があれば、気まぐれに更新するかもしれません。


先週のドッグラン。お正月も行ってきますー。
2010-12-30-8.jpg



今年一年、ありがとうございました。


しょうもないことばかり書き綴ってきましたが、
遊びに来ていただいてとてもうれしかったです。

時間がなくて、なかなかコメント欄も開けられませんでしたが
コメントをいただくと、それもとてもうれしくて。


2010-12-30-9.jpg



どうぞ良い年をお迎えください。


新しくはじまる一年が、
みなさんにとって穏やかで健やかな日々でありますように。

優しくあたたかい気持ちになれることが、
たくさん、たくさんありますように。


大切な存在に癒され助けられ、
大切な存在のためにがんばれる一年になりますように。


次の曲がり角に、いつも素敵なことが待っていますように!



2010-12-30-14.jpg


またお会いしましょう。 良いお年を!

2011年もよろしくお願いします。



2010.12.26

最高のクリスマス。

今年のクリスマスは、ふたりとも仕事が忙しかったので
クリスマスらしいことは何もできず・・・
プレゼントの交換などもナシ。


だけど、最高のプレゼントをもらいました。


ぺーちゃん、譲渡が決定しました!


本当にこれ以上ない贈り物です。


クリスマスイブの日に、ご連絡をいただきました。



= = = = = = = = = = = = = = =

○○さま

毎日、お伝えしたい楽しい事があり、
でも書ききれずご心配をおかけしてしまいました。

ペロちゃんは元気です。
ぺーちゃんペロ君、ペロさん、ペペちゃんとあらゆるよび方をあちこちからされても
しっぽを振ってかけよってきてくれるので、
家族みんなで、帰ってくるとまず、ペロちゃんを捜します。

月曜日は人がいないと心配そうでしたが、火曜日には娘と並んでビデオ鑑賞をし、
それからいたずらをして私にダメよ、といわれそうになると
娘のところへ避難するほど仲良しになり、
水曜にはお買い物に行っている間にトイレでちゃんと用を足し、
木曜におばあちゃんと一日いっしょに過ごしました。

主人は連日、早めに帰ってきては自室に連れていき、
(一緒にいる時間が少ないので忘れられないように頑張っています)
抱っこして一緒にテレビをみて、一緒に寝ています。
どこに行っても人がいて、誰かが来るたびにしっぽをふって近づいて撫でられているので
ペロちゃんが疲れてしまわないかとおもうほどです。

ペロちゃんをお預かりして一週間には少し足りないですが、
我が家では、満場一致で、是非、ペロちゃんと家族として一緒に暮らしたいという気持ちです。
ちょっと早いですがお許しいただけないでしょうか。

何よりおばあちゃんが、月曜にディケアの集会にいって
今年は何かいいことがありましたか、と聞かれた時に
体調がおもわしくない一年でつらかったと応えようと思ったら、
そういえば日曜日に新しいわんちゃんが来てくれた事を思い出して
家族が増えたの、と伝えたのよ!とほんとうに嬉しそうに話してくれたのが
私たちにとって一番うれしかった事です。
あんなに嬉しそうな顔をみたのは久しぶりでした。

一日も早く健康になれるように注意して、
わがやで幸せに長生きしてもらえるように大切にします。
どうぞ、宜しくお願いします。

それでは、良いクリスマスをお迎えくださいね。

ご主人さま、わんちゃんたちにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。


= = = = = = = = = = = = = =




読んだ瞬間に、おさえきれないほどの感情と涙が溢れました。
トライアルに送り出したときも泣きそうになったし、
わたし達が帰った後、玄関のほうを向いてお座りして
帰ってくるのを一生懸命待っていたと聞いた時も胸をかき乱されて涙が出そうで、
でも、家族が決まるまでは、と思っていたので
ずっとガマンしていた涙がこぼれて止められませんでした。

一番預かり期間が長く、7月から12月まで一緒に過ごしたことや、
酷暑にやるせない捨てられ方をしたこと、
すぐ家に来る予定が、調子が悪くてしばらく病院生活になったこと、
フィラリア症がわかってずいぶん心配したこと、
いつもいつも愛情を一心に求めていて、全身全霊で甘えてきていたこと・・・

いろんなことが重なって、
わたしもmasaも、ペロに幸せになってもらいたい思いがとても強くなっていました。

いじらしいほど強い愛情に応えてくれる家族がやっと見つかったことが
うれしくてうれしくて、
わたし達まで幸せな気持ちです。


お母さんとおばあちゃんとペロ。
2010-12-25-1.jpg



今日お電話でお話したら、「ちょっと待ってくださいね!」と
ぺーちゃんを電話口まで連れてきてくれました。
わたしと奥さんが電話で話しているのを、ずっと横で聞いてくれたみたいです。

朝から午後にかけては奥さん&おばあちゃんと、
夕方は帰宅した中学生の娘さんと、
夜は、ペロのために急いで帰ってくるお父さんと過ごしているそうです。

人がそばにいる時には、「床におりる暇がない」ほど、
いつも誰かの膝の上で過ごしているそうです。

みなさん、たった数日で「とても返せない」と、
「このままずっと家にいてほしい」と言ってくれました。


本当に、この上なく幸せな毎日だね。


「時々ペロちゃんのことをお知らせしてもご迷惑じゃありませんか?」と聞かれて
とんでもない!と・・・
こうしてつながっていけることも、とてもうれしい。



いつもこうして甘えてたね。
2010-12-25-7.jpg



仕事が遅くなったイブの夜、ケーキもチキンも結局間に合わず、
泥のように疲れていて、クリスマスなんて気分じゃなかったけれど
心はあたたかくて、幸福な気持ちで満たされていました。


ペロ、ありがとう。




懐かしい写真たちの数々。



家に来てすぐは、時折哀しい目をしていた。


2010-12-25-2.jpg



シャビとはすぐに打ち解けて、本当に良い友達になったね。


2010-12-25-3.jpg



2010-12-25-6.jpg



みんなで一緒に、たくさん遊びに行ったね。

2010-12-25-8.jpg



2010-11-13-14_20101226232921.jpg



だんだんと笑顔が増えていった。


2010-12-25-4.jpg



リラックスしている姿を見ると安心した。


2010-12-25-9.jpg



いつの間にか、痩せてガリガリだった体はしなやかに、


2010-12-25-10.jpg



被毛はやわらかくつややかに、どんどん可愛くなっていったね。


2010-12-25-11.jpg



その目はこれからずっと、新しい家族を見つめ続けるんだね。


2010-12-25-12.jpg



ペロ、おめでとう。
何度想っても、涙が出てしまう。


ペロにとってはもちろん、
ご家族にとっても、わたし達にとっても最高の贈り物になりました。

気にかけて下さった方々へ、本当にありがとうございました。


ぺーちゃん、どうかずっとずっと幸せにね。



2010.10.31

3年越しのハロウィン。

寒いですねー。

酷暑のあとに、こんな寒さが待っていようとは。


リビングには、
ソファを占拠した芋虫が1匹。


2010-10-31-3.jpg



秋~冬は大好きな季節なんですが、
コートやブーツ、ヒーター、電気毛布に至るまで一式を母の家に置いて来たまま、
この寒さに突入。

詰まっている予定をどうにかやりくりして、取りに行かなきゃ・・・。




今日はハロウィン。


すっかりイベント事には腰が重くなっているけれど

お友達からワンコの皆さん方に、
ハロウィン仕様のおやつをいろいろともらったよ。

かわいい形のクッキーをたくさん!

2010-10-31-1.jpg



寒そうにしていたペロに着せた洋服も、

ハロウィンの模様。


2010-10-31-10.jpg



・・・とくれば。


2010-10-31-2.jpg


まあ、ハロウィンじゃなくても、食いしん坊のキャバリア軍は
毎日おやつのことを考えているんだろうけど。



ペロが着ているオバケ模様のこの服は、ハニョのお下がり。


2010-10-31-5.jpg


すっかり小さくなって、もう着ることもないだろうと
多くの服はお友達ワンコにあげたりしたのに、

なんとなく手元に残してあった服。

こうしてハロウィンにペロがぴったりで着れたから
残しておいてよかった!



ちなみにハニョがこれを着ていたのは、生後4~5か月の時。

そう、生後5か月にはもう着れなくなっていたのです(^^;


これは3年前の当時、同じ洋服を着たハニョ。

2010-10-31-7.jpg


生後5か月のパピイ真っ盛りなのに
このときの体重は、すでに7kg越え。

ほんとうに大きかったんだね~。

まだブログもやっていなくて、
どれくらい大きくなるんだろうと、ひとり不安に駆られていた頃だった。



過ぎ去った日々を眺めれば、

今ではただ、愛しさが胸を満たすだけ。


2010-10-31-6.jpg


この服を着ていた時の思い出が強かったから

手放せなかったのかもしれないね。



でもさ、ちょうど3年経って、

体もさらにしっかりして、

大人になったようで・・・


2010-10-31-8.jpg


あんまり変わらないよね・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。