--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.30

お知らせ + まさかの夢の三段跳び。


-まずは、お知らせです-


ブログを通じてのお友達の、みるママさんのおうちで
キャバリアの女の子を保護されています。

新しい家族を募集中です。

とっても可愛い子です!
ちょこちゃん1


【仮の名前】ちょこちゃん。女の子。
【年齢】推定5歳くらい

詳細について
みるママさんのブログはこちら → 「そばかす日記」

募集要項はこちら → 「いつでも里親募集中」


毛艶もよさそうなので、大事にされていたように見えるのに・・・
性格もキャバリアらしく、おっとりのようです。

先住犬のみるくちゃんと、まるで姉妹みたい。美人ユニットだね。

左が家族募集中の「ちょこちゃん」 右が先住ワンコの「みるくちゃん」
ちょこみるくユニット-2

きっといい出逢いがあるだろうけど・・・
早く素敵な家族が迎えにきてくれますように。






さて、とろろが楽しい旅へ向かったあと、
masaとわたしは、ほんのり腑抜け状態(笑)

ふたりして、「やっぱとろろって可愛いもんねぇ」とこっそり呟いております。
(縁側でお茶片手に語らう気分)

たった二週間でこれじゃ、長期で預かった時はどうなるんだ・・・!



がしかし、そんな余韻に浸らせてくれないのが、やはりアイツ

アイツですよ。もちろんおわかりですよね・・・


「とろろ」ならぬ、うちの「どろろ」 または「にょろろ」のやろうです。

090929-8.jpg


上半期の締めも迫る昨夜。

残業と打ち合わせでクタクタで帰宅したら、
リビングにクッキーの残骸・・・ 

まさしく、クッキーパラダイス。まるでお祭り状態。


手の届くところには何も置いていないのに!と慌てたら、

どうやらどろろ、

自分の身体がはみ出るほどのスツールに乗り、
さらにスツールから、勢いをつけて食器棚に飛び乗り、
そこからさらにキッチンの棚へ乗った模様・・・ まさしく、夢の3段跳び

きっと、何度も失敗したに違いない・・・
それでも果敢に挑戦したに違いない。

「オリンピックを東京へ!」 キャンペーンか? いらんわー。


ふだんはだらだらの、すっとぼけ犬なのに・・・

予測できなかった(まさか、想像すらできないってば・・・)自分も猛反省。
体調は平気か、昨晩は気をつけて様子を見ました。

容疑者、疑惑のスツールでブルブル中。 (ごめんね×30回くらいも言いに来ました。)090929-1.jpg


しかもヤツが食い荒らしたクッキーは
とろろのお見合いの時に、相手のご家族が下さった、
「アンリ・シャルパンティエ」の高級クッキー。

有難く大切にいただこうと思っていたのに。
代わりに、ハニョのたるたるの口元からは、ほんのり甘い香りが・・・ (-゛-メ)


どろろを甘く見てはいけない。
いつものまったりも、本当の自分を隠すための仮の姿。

その内面の「どろどろ感」は、飼い主ですら、計り知れない・・・。

090929-7.jpg


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

スポンサーサイト
2009.09.28

いってらっしゃい。


なんだか家が静かに感じるなぁ・・・

ワンコのみなさんは、同じ場所で代わる代わる寝転がる。

090928-9.jpg


090928-10.jpg

凝視してます。



いつも、ハニョとシャビの可愛い名前札を作って下さっているkettymamaさんが

とろろがふたたび、道に迷わないようにと
手製の名前札を贈ってくださいました。


裏にはわたしの携帯番号が書いてあります。
090928-1.jpg


ハニョシャビも、何代にも渡ってつけている名前札。

その名前札が届くあいだに、
とろろを家族に迎えたいと申し込みがあったと、「CAJAの会」から連絡が来ました。


お世話係のハニョ。
090928-12.jpg


お見合いを無事に終え、
とろろはトライアル(お試し期間)に入ることになりました。

トライアルを経て問題がないようなら、正式譲渡となります。


一時預かりが長期に渡ることも想定していたため、
まさかたった二週間でお見合いが決まるとも思わず・・・
うれしかったり、少々寂しかったり。
もちろん、うれしさが断然勝っているけどね。


090928-3.jpg


kettymamaさんが作って下さった名前札をつけられたのは、たった二日。
お見合いの際に、名前札は持って帰ってきました。


お見合いが決まってすぐに、慌ててkettymamaさんに連絡をして、
せっかく作って下さったのに申し訳ないと伝えると

「早く新しい家族が決まって無駄になってくれる方がずっとずっと嬉しい」
とのお言葉・・・


ありがとう。 ありがとう。

心から有り難く頂戴します。

090928-2.jpg


とろろはくっつくのが好きで、傍にいることや寄り添うことが好きだけれど
意識して、抱っこはしないようにしていました。

甘えてくるとやっぱり可愛いから、抱き上げたくなるけれど、
抱き癖をつけてしまったら新しい飼い主さんが大変だし、
ウチでは適度に甘えるくらいのほうが、
新しい家族の元へ旅立ったとき、とろろもたくさん甘えられることを喜ぶと思ったから。


だから、膝や足に顔を乗せてきたり、寄り添ってきても
話しかけながら、頭や身体を撫でてあげるだけだった。
それだけでも、じゅうぶん愛情は伝わるから。


090928-6.jpg


でもトライアルに出る日、
もしかしたらこれが抱っこする最後の機会かもしれないと思って
家を出る前に抱き上げた。

膝の上に乗せて、むにゅむにゅもした。

090928-7.jpg


あー、こんなに軽かったんだよね! あったかいね。
もっとこうしてあげればよかったかな?
でも、これからいくらでも、たくさんしてもらえるからね。



とろろ、行ってらっしゃい。

あたたかいご家族に、たくさんたくさん甘えておいでね。

もしお互い合わなかったら戻ってくればいいだけなんだから、
甘えてはしゃいで、ありのままのあなたで行っておいで。


送り出す日に結集する皆様方。
(この期に及んでなお、きっとおやつを期待してる食い意地の張った面々)

090928-5.jpg


幸せの種が実りますように。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>
2009.09.27

いいことばかり憶えていけたら。


こんばんは。

0時を回り、あぁ、もう日曜日になっちゃったんですねー。


とろろが来てからやはり、(予想どおり)更新が滞っております。
覚悟していたよりもずっと手のかからないワンコだというのに、
当然だけれどやることや、かかる時間は増えるので、
適度に疲れはするのでしょうね。 眠りも深いです。

でも、それ以上に癒され、可愛く思えるのも確かです。

友人にもらったお花と、とろろ。 とろろはよく笑います。090922-4_20090926235020.jpg


記事を見た方や友人など、何人かの方から
「自分もいつか、保護犬の預かりをやってみたい」と言われましたので
参考になるように、そして記録のためにも
とろろについて書いておきたいと思います。

ハニョ・シャビのまぬけ面やいつものやりとりを楽しみにして下さっている方には
申し訳ありません。
読み飛ばしていただいても構いませんので・・・


090924-8.jpg



とろろの年齢は推定3~4歳。
保護された時の状態は良いとは言えなかったそうで、
「預かれますか」と、こちらに連絡をいただいた時の写真では
薄汚れた毛色はグレーでボサボサ。
一瞬、「何の犬だろう?」と思うような状態でした。


とろろも常に、こちらを監視しています(^^
tororo0924-2.jpg


ふかふかでやわらかい毛のとろろ。

毛の下の身体は骨がごつごつ触れるほど、かなり痩せていて
充分なごはんを与えられていなかったことがわかりました。
そのため、食べ物に対する執着はかなり強く、フードをあげる時には大変です。

それから、しつけはまったく入っていません。
家に来た日にコマンドを一通り試しましたが何も理解しておらず、
笑顔で見上げるだけでした。

tororo0915-2-2_20090927000648.jpg


さらに、顔に触れようと手を伸ばすと、
とろろはビクッとして床に伏せ、へばりつくようにして頭を低くし、目を細めました。


叩かれていたんだ・・・
すぐにそうわかりました。

とろろの温和でやさしい性質からいって、なぜ怯えるまで叩く必要があったのか?
わたし達にはわかりません。


かといって、前の飼い主に腹が立って仕方ないか、というと、
そういう感情は不思議と沸かず・・・
怖がって伏せるとろろを見て感じたのは、怒りより悲しみでした。


前の飼い主には
むしろ、

「手放してくれてありがとう。」

って思いました。


どういう経緯で手放したのかは知らないけれど、
もともと手をかけていなかったとろろを諦めたおかげで、
とろろは新しい家族を見つけられる。
きっと、前よりもずっとずっと可愛がってくれる家族の元へ行ける。

そう思うと、「よーし、素敵な家族を見つけるぞー」と、救われる気持ちになれる。


おやつ待ちで結束集会。 犬組合の目つきは真剣。
090924-4.jpg



毎日とろろに少しずつ、コマンドや、必要と思われることなど
その都度教えていましたが、
逆にとろろから学んだことも多いです。


ガリガリに痩せた体は、少し多めのフードと
ヤギミルクと牛肉をブレンドしたパウダー(吉岡油糧)でだいぶ改善しました。

はじめは手を差し出すとビクッと伏せる仕草を見せたのが
繰り返し話しかけながら体を撫でると喜び、すぐに怖がらなくなりました。

おやつを見ると、気が狂うみたいに理性がふっ飛んでいたのが
今では、おすわりして順番を待てるようになりました。
これはきっと、隣で手本を見せてくれたハニョシャビのおかげ。

名前も、すぐに覚えました。
「とろろ、おいで」と呼ばれると、笑顔で走ってきます。


犬って、いいことを憶えていくって本当です。
人間なんかよりもずっとポジティブで強い。

そして、いつだってわたし達を信用した目で見上げてくれる。


tororo0924-1.jpg


とろろが来る前の日には、名前はまだ決まらないし、
ケージや水入れなど、ようやく整えたばかりで
「もしわたし達の手に負えなかったら」 「もし力が及ばなかったら」
「もしハニョシャビとうまくやれなかったら」と、何につけ不安にもなったけれど、

「それでも自分達のできる限りはやろう」とmasaと話し合ったことさえ、
もう遠くに思えるほど、とろろはなじんでくれました。


ハニョとシャビが受け入れてくれたことも、とても大きかった。

masaの帰宅を出迎える3頭。 左から、大・中・小。
090916-10_20090926235112.jpg



「情が移らないの?手放すのが嫌にならないの?」と親を始め、何人かに聞かれました。
「世話をして送り出すなんて、そんな寂しいことはできない。」と言った友人もいます。


もちろん情は沸きます。
特に、お風呂に入るだけで甘え鳴きして後追いをする今では(笑)

でもはじめから決めていたからね。
留守番が長く、家も狭く、おまけに先住犬が2頭いるうちよりも、
とろろには、絶対にもっと幸せになれる家があるはず。

「(10kg以下だったら)、どんな子でも預かる」と言ったうちよりも
 (10kg以下というのは、抱っこできる大きさまでというマンションの規程のため)
とろろがいい」と思ってくれる人がきっといるはず。


これも帰宅時の光景。 3頭それぞれ大喜び。
090924-5.jpg


とろろが来て、2~3日は確かに、とろろをいい子だと思う気持ちと同時に
なんでこの子が愛護センターに?と問いたくなりました。

でも今は、とろろの未来を楽しみに思う気持ちのほうがずっと大きいです。

そう思わせてくれたのは他でもない、とろろの持つ愛情深さと強さです。
どの犬も無条件に兼ね揃えているその資質。


いいことばかり憶えていけたら、素敵なことだね。
でもこれからはきっと、そうなるよね。

090924-7_20090927021618.jpg


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>
2009.09.23

連休の最終日の過ごし方。


連休もいよいよ終わりですね。
GWより夏休みより、あっという間だったような・・・


この連休はなんだかんだと、毎日人と会っていました。

友達のカップルとmasaと4人で食事をしたり、
女友達ふたりが家に遊びに来たり。

友達は犬が好きで、
ワンコたちも、友達が遊びに来てくれたことに大喜び。

みんなでワラワラと。 近すぎじゃないでしょうか・・・
090922-5.jpg



とろろを連れて、一泊で帰省もしました。

masa家にお邪魔したり、
わたしの父宅へ顔を出したり、母宅でごはんを食べたり。


母は保護犬のとろろに会うのを楽しみにしていたので
「可愛いじゃないのー」と連呼していました。

母宅のプードル、おからとひじきの親子と会うのも久しぶり。

090922-6.jpg


家中を5頭が落ち着きなく動き回ると、とても賑やか。

シャビはひじきと遊び、とろろはマイペース。


でもやっぱり、こやつだけは・・・
しばらく会わないと、また苦手になっちゃうんだよねえ。

ひじきが挨拶に近づいても、ひたすら目を逸らす・・・。
090922-8.jpg


目を泳がせながら安全な場所に逃げ込むハニョ。

090922-9.jpg


遠出はしなかったものの毎日出ていたので
最終日の今日くらいは、家でゆっくりしようということに。


午後から家で映画をゆっくり見て、近所を散歩して、
夜はお酒を飲みながらふたたび映画。

ワンコの皆さんも、一緒にまったりです。


どれくらいくつろいでいるかというと・・・


うつらうつらしているシャビ。

090922-2.jpg


すっかりゴロゴロを堪能しているとろろ。

090922-3.jpg


そしてやっぱり、「まったり」と言えば、このお方ですかね。


くつろぐどころか、魂を抜かれているハニョ。

090922-1.jpg


せめてもう少し足を閉じようか・・・

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

2009.09.18

おだやかな夜。


休前日の、夜の光景。


左にハンニバル


090918-1.jpg



右にとろろ


090918-2.jpg



そして、背中にはシャビ


090918-3.jpg


みんなぴったり寄り添って、人肌恋しいお年頃。

動かないようにするのが大変。




~1時間後~



目の前には、とろろとシャビ。


090918-4.jpg


わたしの手の上には、ハンニバル。


090918-5.jpg


安心しきった3頭の、おだやかな眠り。


静かなひと時に、ありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

2009.09.17

「扉のむこう」


こんばんは。

残業して帰りが遅い日に限って
時間のかかる煮込み料理を作りたくなるのはなんでだろう!
ぐつぐつ煮える音って、慌ただしい気持ちを鎮める作用があるような・・・


まぁそんなのも、犬たちはどこ吹く風。 

しっかり聞き耳は立てているんだけどね。

090914-9_20090917000815.jpg



前回の記事の最後にもちらっと出たように、家のワンコが一頭増えています。
日曜日の夕方に、うちにやってきました。

ニューフェイス、ハニョ・シャビのお友達を紹介します。


シーズーmixの女の子で、名前は 「とろろ」 です。

tororo0915-1.jpg

ふわふわした毛の質感と、やわらかい毛色から
「とろろ」という名前に決めました。

でもこれは、仮の名前。
とろろは、飼い主のいない保護犬です。 「CAJAの会」からお預りをしました。

迷子の末なのか、飼い主が捨てたのかはわかりませんが、
愛護センターに収容され、引き取り先のなかった子です。


「CAJAの会」は、東京都動物愛護相談センターに保護された行き場のない犬と
新しい飼い主との縁をつなぐ活動をしている、こぢんまりした団体です。

cajabanner_4.gif

tororo0915-5.jpg


もともとmasaとは、一緒に暮らし始める前から
何か犬猫達の役に立つことをできたら、とよくふたりで話していましたが
4月に引越しのバタバタも終わり、ハニョ・シャビの関係も落ち着いたあたりから、
実際にわたし達にどんなことができるかについて話し合いました。

いろいろな案を考えましたが、
直接的に関わり、自分たちの手で協力し合ってできること、となると、
やはり、行き場のないワンコを預かって新しい飼い主さんを探す手伝いをすること、
そこに行き当たりました。


ただ、仕事や、家のほうでもいろいろと重なって忙しい時期であり、
ひと段落してから始めるほうがいいのでは、という話も出たのですが
「今は忙しい」と言い続けていたら、いつまでも動けなくなりそうで・・・
時期については、ほとんどわたしが押し切ってしまったかも・・

まぁ、ハニョシャビで鍛えられて今年は夏バテもしなかったから、
あと一頭くらいは世話をできるだろうー。


ハニョは、おそるおそる様子を伺っていました。
090916-9.jpg



東京都の愛護センターに問い合わせて、ボランティア活動について話を聞いたのが6月。

ボランティア団体をいろいろと探して絞り、直接問い合わせをしたのが7月。

団体の方に家の環境を見てもらい、先住犬(ハニョ&シャビ)の性質も確認してもらって、
今後のことを相談したのが8月の終わり。
山中湖旅行の翌週のことでした。


そして、いつワンコが来てもいいように、環境を整える準備を始めたところで
急きょ、預かれるかとご連絡をいただきました。

愛護センター主催の保護犬の譲渡会で、一頭だけ行き先が決まらなかったとのこと。
犬種・年齢・性別は問わずに預かると決めていたので、
もちろん大丈夫だとお伝えしました。


090916-7.jpg


ハニョ&シャビはわたし達を変えてくれましたが
もし、他の子がわたし達のもとにやってきていたとしても
きっとその子も、わたし達を変えてくれたでしょう。
犬はどの子もきっと特別な存在― それが根本の気持ちです。


そして日曜日に、我が家にやってきました。


090913_195040-2.jpg


「とろろ」
シーズーMIXの女の子。年齢(推定)3~4歳。
おっとりした甘えん坊で、人が大好きです。必死に後追いします。

「とろろ」の性格や状態、
ハニョ&シャビと、とろろとの関係は、今後また綴っていきたいと思います。


こうして預かることを決められたのも
ハニョとシャビの関係が友好的だったから考えられたことです。

そこに甘えすぎないように、
これまで以上にハニョとシャビのケア、特に心のケアを頑張らないと、と思っています。

090916-5.jpg


このブログでは、簡潔に書くことを心がけていたのですが
誤解のないように、きちんと説明をしたくて長くなってしまいました。

読んでくださってありがとう。
どうぞこれからもよろしくお願いします。


とろろの新しい家族を探すにあたり、並行して預かり日記も書き始めたため、
こちらのブログの更新やコメントのお返事など、滞ることもあると思います。
できる限り書きたいと思っていますが・・・

とろろの預かり日記は、 「CAJAの会」HPの「保護犬一覧」から
見ることができます。
タイトルは、「扉のむこう」 です。


これから君が開く「扉のむこう」に、
いつもいつも、楽しい出来事が待っていますように。


090916-3.jpg


しかし、(今さら)とろろって名前は、どうなんだ・・・

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

2009.09.16

ハニョから見た日曜日。


ハニョコの視点で見ていた、にちようびのこと。


にちようびの午前中。

ワンコのボスが、「おまえら、来~い!」と集合をかけました。


ボスは得意げです。


「いいか、よく聞くんだぞ~~」

090914-1.jpg

ごくり。

ハニョもしゃーちゃんも真剣です。



「今日はドッグランに行きます!!」 


090914-2.jpg


しゃーちゃんは‘身もだえ’してよろこんでました。

でもドッグランだったら、先週も「いぬのひろば」に行ったけど・・・

ハニョコは朝からおやつかとおもったよ。
090914-.jpg



「よよぎこうえん」は混むかもしれないからって
「じょうなんとう・かいひんこうえん」に行ったよ。


お天気だから、「じょうなんとう」も人がいっぱいだったよ!

090914-4.jpg


ハニョは近くでバーベキューしてるほうがうらやましかったけど、
ドッグランもたのしかったよ。 

しゃーちゃんと、ボスといっぱいあそんだよ!


090914-5.jpg


おうちに帰ってきたら、「少しおひるねしなさい」っていわれたよ。

いわれなくても寝るよ!!

090914-10.jpg



寝ておきたら、おやつだよ。

あそんでおひるねして、おやつ食べて・・・
ハニョ、にんげんじゃなくてよかった! 


おやつはきちんと順番をまたないと、もらえないの。

キッチンに入っちゃいけないんだよ。


090914-8.jpg


んんん?!

なんか一頭多い・・・ いっしょにまってるこの子だあれ?


詳細は明日にでも。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村   

<by:Y>

2009.09.15

我が家の居場所

こんばんは、masaです。


夏も終わりに近づき、涼しくなってきた今日このごろ。

シャビは毎年恒例のサマーカットになりました。

CIMG7398.jpg

残念ながら、もう暑くない。



ハニョはカットはせずに現状維持です。

CIMG7704.jpg

(クレートの上に乗るな!って言ってんのに。。。)


夏が来ても終わっても相変わらずのんびりなヤツです。

DSCF8193.jpg



犬は落ち着くところを自分で探し、そこでゆっくり寝るのが普通だと思うのだが、

「どーなの?そこは・・・」って場所で寝ることが多いハニョ。



部屋から突然消えたと思えば、玄関で寝てるとか。

CIMG7631.jpg

さすがにそれはビックリする。




今日は前からアップしたかった写真を載せます。

以前に食器棚を買った時、シャビが自ら棚の中に入ってしまった写真。

DSCF4350.jpg

何度も入っては出ての繰り返し。

同じ男として狭いところに入りたくなるガキの心理はよくわかる。



ファミコンってこんな画質だったな~


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:M>

2009.09.12

正しいマスクのつけ方。

週末を迎えようというあたりで、masaが体調を崩しました。


わたしは相変わらず本の整理です。 捨ててもキリがない・・
090912-1.jpg


「そろそろ俺も記事を書こう~」なんて言っていたmasaの
突然の、くしゃみ・鼻水・微熱・・・

身体はだんだんと熱くなってきているし、
「まさか・・・」と、世間で騒がれているインフルエンザの不安が。

でも、masaはマスクをするのが苦しそうだったので
万が一うつらないようにと、代わりにわたし達がマスクをしました。


ん、わたし・・・??


090912-2.jpg


わたしがつけているマスクに興味津々で、しつこくクンクンするハニョ。

つけてみたら、匂いをすぅぅ~~と吸い込んでいます。
飼い主の匂いがするのかな?

落ち着くらしい・・・
090912-3.jpg

そう、それが正しいマスクのつけ方ですよ。


こういうふざけたつけ方では、ウイルスは防げないので気をつけましょう。

090912-4.jpg



ちなみに、「ああ、だるい・・・」とガクガクしていたmasa。
どうやら、ただの鼻炎だったようです(-ー

体調と共に、ワンコとイチャイチャも復活しました。

090912-5.jpg


暑いなぁ~と言いながら離れない・・・

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

2009.09.10

山中湖でかくれんぼ。


山中湖への旅行、後編。 前回の記事の続きです。


ドッグランでたくさん遊んだ後は、ホテル館内へ。

ホテル入り口にはしっかりした足洗い場があります。
090908-31.jpg


お部屋でまったり休憩しました。 

ええ、正しくは寝てしまいました・・・ 犬ともども。


夕飯は早めの6時でした。

レストランへはワンコを連れて行くこともできますが
コースの食事だったため、時間を持て余すだろうと二頭は部屋でお留守番。

ワンコの皆さんもゆっくりしていました。

ハニョは家でも外でも、バッグの上が大好き。
090908-13.jpg


窓の外は森の木々が見え、とても静かでした。
ワンコを連れて食事をされている方の割合は半々くらいでしょうか。


食事はとってもおいしかったです!

090908-8.jpg 090908-9.jpg


ここで・・・非常に驚いたことがありました。


この下の写真を見て、何かお気づきの方はいるでしょうか?

090908-14.jpg 


すぐにわかった方もいるかな?

カトラリーの配置が通常の逆なのです。


わたしは左利きのため、ナイフとフォークも通常の右利きの人とは逆で使います。

食事の際には毎回、手に取って持ち替えてから使うのですが、
それが・・・こちらのレストランでは、最初から逆に配置されていたんです。
いつものように手に取ってから、持ち返る必要がないことに気づいてびっくりしました。

もしかしたら単なる間違い?とも思ったのですが、
その後もメインまですべて、給仕の方は毎回逆に配置してくださいました。
「左利きですよね」の一言も何も言わず、ただ丁寧に。


一皿目から逆に配置してあったので、「なぜ左利きだとわかったのだろう?」と
思い起こしてみれば、
受付で左手で名前を記帳したのと、バターナイフを左手で持った、それだけ。

たったそれだけで左利きだと気づき、カトラリーを左右逆に配置してくれるなんて
感激で震えそうになりました。
ナイフとフォークを逆に持って使うことのマナーが気になることもあったため、
この配慮は本当にうれしかったです。


・・・すみません。
左利きってほとほと面倒な時が多々あるため、
つい感動を熱く語ってしまいました m(。>(ェ)<。)m


「カーロ・フォレスタ」に素敵なところはたくさんありましたが、
やはり一番はスタッフの方々の気遣いだとしみじみした出来事でした。



お部屋に戻り、お留守番をしていたワンさんたちにも、おいしいごはんの時間です。

シチュー+さつまいものデザート+やぎミルクのセットで500円です。
090908-11.jpg


おいしいごはんの予感に、二頭とも待ちきれず・・・

090908-12.jpg

あっという間に完食しました。


夜のお散歩では、近辺を歩くだけで澄んだ空気が心地よかったです。
ライトアップされたホテルも綺麗でした。

090908-10.jpg


物音がほとんど聴こえない、静かな森の中でぐっすり眠りました。
いや、聴こえたか。 シャビのいびきが・・・


翌日も朝食後にドッグランで遊び、ゆっくりしてからチェックアウトをしました。

窓が大きいからか、犬も眩しいらしい。
090908-33.jpg


ドッグランにいるワンコは少なかったので、
ワンコ同士の触れ合いはあまりなかったけれど、
ハニョ・シャビ・masa (←とうとうmasaも犬のグループに) じゅうぶん楽しそうでした(^^


DSCF7550.jpg


シャビはドッグランで自由に楽しく遊べるけれど、
ハニョは、シャビや飼い主がいないと上手に遊べません。


そんなハニョと遊ぶのに最適なのは、かくれんぼ。

飼い主を見ながら休憩するのが好きなハニョは、
masaやわたしの姿が見えなくなると、一生懸命探します。


早速、「ハニョ!」と呼ぶ声につられて、姿の見えないmasaを探し始めました。


「あれ?」ってびっくりしてるハニョ。 見失うには近すぎるだろうよ・・・
090908-21.jpg


木のすぐ向こう側にいるのに・・・
鈍臭いのでなかなか見つけられません。


一生懸命探しています。 犬の嗅覚はこんなにも頼りにならないものか?

090908-22.jpg


声がする方向へ行ってるのに見つからなくて、焦るハニョ。 

困ってしまい、慌てていました(^^;

090908-23.jpg

助け舟のつもり? シャビが近づいていきます。


秋からますます忙しくなるため、
慌しくなる前に、静かなひと時を過ごそうと出掛けた旅行。

みんながみんなゆっくりと過ごして、元気になった旅行となりました。

090908-34.jpg


最後の一枚は・・・


かくれんぼでmasaを探して探して、ようやく見つけたハニョは大喜び。
なぜかシャビまで一緒に喜んで、よかったね!

090908-24.jpg


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>
2009.09.09

静かな森の休暇 ~カーロ・フォレスタ山中湖

記事を書くのが遅くなりましたが、
残暑の終わりの8月の後半に、山中湖旅行をしてきました。


宿泊先は、ワンコ連れ旅行に大人気の カーロ・フォレスタ山中湖


お友達からも、早めの予約が必要と言われていたのですが
人気のわけも納得のお宿でした。

週末は特に空室が埋まるのが早く、8月の宿泊のために予約したのは5月!
もともと何につけ、待ったり並んだりが大の苦手で
「待つくらいならやめる」精神のわたしが、こんなに早く予約したのは初めてかも・・・

カーロさん、お世話になります!期待してます!


・・・と、大荷物以上の期待を引き連れて、二頭とふたりでお邪魔しました。

まさに静かな森に囲まれたホテルといった風情。

090908-1.jpg


楽しみにしていた旅行だというのに、なぜか悠々と動物病院に寄り、
東京を出たのは11時半・・・

いつもわたし達はこんな感じです。
相変わらず現地の下調べも適当で、
当日になって行きたいと思えば寄ろうね、という程度。

でも、いいのです。
旅行に対しては、それぞれいろんな楽しみ方があると思うので
好きなやり方でいいんですよね。

これまでも今も、旅行ではほとんどいつも何もしない。
耳を澄ませたり、目を凝らしたりするだけ。 (→目を閉じるとそのうち寝ちゃうので要注意)



ランチをするには遅く、夕飯にはまだまだ早い中途半端な時間に到着したわたし達。
お宿に直行して、ホテル入り口のカフェで遅い昼食をいただきました。

090908-4.jpg


開け放った空間が心地よくて、これだけで贅沢な時間です。

090908-7.jpg

ごはんもおいしいし、ナントこちらのカフェは、宿泊者には無料のドリンクバーがあるんです。
(そうと知らずに代金を払いましたが・・・笑。 注意書きはしっかり読もう)


のんびりとデザートまでいただいて、ようやくチェックインをすると
「ご宿泊だったんですね!」 と受付の男性が驚いた様子。

「あまりにゆったりされているので、近辺のお住まいの方だと思っていました」 と。

ゆるいのをお見通しでした・・・
でも、入った瞬間からリラックスできる雰囲気のホテルだからこそですよ。


チェックイン後、masaが荷物を取りに車に戻ると、
すかさず他のスタッフの方が付き添って、荷物を一緒に運んでくれました。
ワンコのリードを持っていると、確かに大きな荷物を持って歩くのは大変。
こんな細やかな配慮が行き届いているってすごいなぁ。


お部屋はゆったり、落ち着く雰囲気。
090908-3.jpg

コテージタイプのほうは残念ながら5月の時点で予約がいっぱいでしたが
今度、コテージにも泊まってみたい!


トイレシーツやら、念のための除菌・消臭スプレーやら、
いろいろと持って行きましたが、部屋に備え付けてありました。脱臭器までも。

ゴミ箱の蓋は回転式でした。ワンコがゴミを漁れないようにの気遣いかな?よく考えられています。
090908-5.jpg 090908-6.jpg



チェックインを済ませたら、ホテル専用ドッグランでひと遊び!
ワンコの皆さんは、これが一番の楽しみです。

090908-2.jpg


部屋数の少ないホテルでこの広さのドッグランはうれしい!
わたし達の後に入ってきたワンコは1頭だけ。 ほとんど貸切でした。


追いかけっこをしたり、草の匂いを嗅いだり。

090908-15.jpg


アジリティを見つけると、
一番うれしそうなのはシャビでもハニョでもなく、ご存知・masa。 

090908-25.jpg


しょうがなくつきあうと見せかけて、逃げる二頭。
二頭ともmasaを少し遠巻きに見てます。

090908-26.jpg


でもちょっとくらいは答えてあげなくちゃね~。

090908-27.jpg


もしかして、犬たちはmasaを喜ばせるためにアジリティをやっているのかも・・・

ハニョが登ると、真下からシャビは応援するみたいに声を上げて、ついて回ります。
サポートもバッチリ。

090908-28.jpg


チューブも、なぜか一緒に走り出てくる二頭。 

090908-29.jpg


狭いでしょうに・・・ 仲がいいのか、競い合っているのか。

090908-30.jpg



でも、やっぱりハニョはハニョ。 少し走れば、ベンチにて笑顔でまったり。

楽しそうなシャビやmasaの姿を見て笑ってます・・・

090908-17.jpg


シャビは始終、とっても楽しそう。
やっぱりシャビは外での笑顔が一番いいね。

090908-18.jpg


案の定、ひとつの記事にまとめられず・・・
夕方からの時間は、次の記事でさらっとご覧ください!



他のワンコがドッグランに入ってきたのを、
小さな木の陰に身を隠してこっそり盗み見るハニョ。

090908-19.jpg


隠れてるつもりだろうけど、ばっちりお尻が見えてますから・・・

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

2009.09.06

エンドレスの攻防戦。


一見、顔を寄せ合い、仲睦まじく囁き合うように見えるこの二頭。


090906-1.jpg


でもそこは犬。 真実はこうです。

090906-2.jpg


同じものをふたつあげたって、いつもひとつを巡って攻防戦。

なんでそんなに相手の持っているものがよく見えるんだろうね?

090906-3.jpg


今回、横取り作戦に失敗したハニョは、恨めしそうにシャビを眺め・・・

090906-5.jpg


一方、防衛線を制したシャビはご満悦の表情。

090906-4.jpg


しかし、切り替えが早いのもまた犬のいいところ。


ハニョは、すぐに新しいものに没頭。

090906-6.jpg


そこへ・・・新たなハンターがやってきました。

笑顔で交渉するシャビ。 しかし、ハニョは完全無視。

090906-8.jpg


ここでまた何か楽しいものを見つければ、二頭ともに夢中になる。

これが毎日延々と続く。 エンドレスの攻防戦。

ハニョはがっしり、小さいボールをキープ。
090906-9.jpg


さっきもらえなかった恨みは深い。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


<by:Y>

2009.09.05

家族の肖像

9月に入ったとたんに夏の足音が一気に遠ざかり、
日一日と高くなる空に秋の気配を感じるこの頃 ―

夏の終わりには、なんとなくメランコリックな気持ちになるけれど
ワンコの皆さんは、過ぎ行く季節を惜しむ気持ちなどもちろん感じることなく
怠惰な眠りの中にいます。


090904-1.jpg


犬には「時間」という概念がないという。

犬は、過去でも未来でもなく、「今」この瞬間を生きる生き物だという。



masaの実家のリビングには、シャビ&ハニョの写真がある。
初めてmasa家にわたしとハニョが共に招かれた時に
masaのお父さんが、ソファに二頭を並べて撮った写真だ。

お父さんがそれをプリントアウトしてリビングに飾ったのだと
masaは恥ずかしそうに言っていた。

別の機会で、masaの弟も含めたmasa一家とわたしで食事をした際には
お父さんがふたたび、「せっかくだから写真を撮ろう」と言った。

そしてその写真も後日、シャビ&ハニョの写真と並べてリビングに飾られた。

家族の肖像に、ハニョやわたしが加わっていることがなんだか不思議だ。


090904-8.jpg



「家族の写真」というと、どうしても思い出すのは七五三。

7歳の七五三の時、町の商店街にある写真やさんで
家族写真を撮ったことを思い出す。

ピンクの着物を着て、髪は綺麗にまとめ、紅をさして。特別な日だった。
少し顎を引くように、とか、この角度で千歳飴を軽く持って、などと
写真やさんのおじさんの指示は細かくて、わたしは少し緊張していた。

その時に撮った家族写真がなぜか、
写真やさんの入り口にある、ガラスのショーケースに飾られていると
後日にクラスメイトが教えてくれた。 
写真やさんから許可の打診などなく、家族の誰もそのことを知らなかった。

男の子たちは商店街で写真やさんの前を通ると
「飾られてるぞ~」とからかった。
わたしはどこか恥ずかしい気持ちを隠せなくて
ショーケースの前を通る時に、こっそりと少しだけ家族の写真を眺めた。


その時は、それが最後の家族写真になるとは知らなかったから。


090904-4.jpg


それ以後の写真は、家族の誰の分も、ほとんど残っていない。
処分されたのもあれば、
その後に写真を撮ったことも、ほとんどなかった。

手元にある数少ない写真をかき集めて
泣きながらアルバムを作ったことを思い出す。 9歳か10歳だった。
隠れて抜き取った、両親の若い頃の1枚の写真は、
今も大切にとってある。

そのあと、だいぶ長い間に渡って、写真を撮られることが苦手になった。


今は犬の写真をたくさん撮ってる。
090904-12.jpg

思い出は蓄積されず、静かに散った。


でも、こうして時折、否応なしに去来する記憶に打ちのめされるかというと、
そうでもない。
事実は確かに力強いけれど、未来はそれよりもっと力強い。
人のせいにさえしなければ、人生はなんとか動いてゆく。


090904-7.jpg



家族写真。

犬連れで出かけると、撮るのは犬の写真ばかりで
飼い主と犬と、全員で一緒に写真を撮ることはなかなか難しい。


これまで、2人と2頭の写真は1枚しかなかった。

でも、先日の山中湖の旅行で、親切なスタッフがわたし達の写真を撮ってくれた。

これでみんなの写真が増えた。


090904-10.jpg



いっぱいいっぱい、一緒に写真を撮ろう。
これからいくらだって撮れる。


できればみんなで写真を撮ろう。
忘れたくない一瞬を焼き付けよう。

写真は記憶を守るだけではなく、

今この瞬間を記録するだけでもなく、

きっと未来へとつなげてくれるから。


090904-5.jpg


暗い記事に思えたらごめんなさい。(問題なく元気です!)
そろそろ山中湖旅行の記事も書くぞ~。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>
2009.09.02

うちのお偉い様


うちの 「お偉い様」


なにしろ、態度がでかい。

DSCF5561.jpg


家での態度のデカさでは、右に出るものはいない。

これがまさか、おやつを待つ態度だとは・・・
090901-2.jpg



そこにモノがあれば、アゴを乗せる。 部屋の真ん中だろうとお構いなし。

090901-5.jpg



顔面崩壊の危機が迫ろうと、欲しいものは離さない。


090901-4.jpg



時折、上から同居犬を見下す。


090901-3.jpg



嫌なことに対しては、徹底的に顔に出す。

顔周りを測ろうとしたら、瞬時に顔が不機嫌に。
090901-6.jpg


わたしはもう慣れているけれど、
ハニョの表情・態度の七変化にmasaはいつも、「ハニョはすごいなあ」と感心している。


貫禄が出てきたからか、とうとう口ひげまで蓄え始めた。

090901-7.jpg


外では臆病なくせに、家ではお偉い様。


ただ、非常に残念なことに・・・


090901-8.jpg


この貫禄とふてぶてしさゆえ、決してお姫様には見えない。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

<by:Y>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。