--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.25

ただいまです。


暑さがようやくやわらぐ時刻。

シャビとハニョは、いつもと変わらず、うだうだ。


ふんふんふんふん・・・

2010-6-23-2.jpg


ふごふご鼻を鳴らしながら、寝転がってる。


ひとり寝に飽きると、シャビは膝の上に陣取って、
ゴロゴロと猫みたいに甘える。


2010-6-23-1.jpg



急きょ夜に来客を迎えたり、慌しく電話したり、
うめきながら爆弾を処理してるあいだも、
ふがふが、うだうだ。


爆弾の処理・・・?


2010-6-23-3.jpg



爆弾投下する生き物、カムバック。


2010-6-23-4.jpg



つばさ、戻ってきましたー。

一週間のトライアルを終える前に、出戻り隊です。



帰ってきてから、ず~っとベタベタ。


いろんな気持ちが浮かぶけど、

再会してまず口から出た言葉は、「おかえり」


2010-6-23-5.jpg


心配して落ち着かなかったけど、こっちに向かって走ってくるのを見たら
自然に笑っちゃったよ。

つばさおかえり。 またがんばろうー。

スポンサーサイト
2010.06.23

飼い主の好きなもの=犬も好き。


好きです、大学芋。

体言止めで書くと、スローガンのようだ・・・


今年に入ってから、心を奪われたもの。
たいやきに続いて、今度は大学芋。

もっと、キラキラしたものに心奪われたいのに、芋って(涙)


でも夢中です。しょっちゅう食べてます。

中でも、甘藷生駒(かんしょいこま)さんの大学芋がおいしすぎて
毎週末、足を延ばして通ってます。


ツヤのある濃厚な密がたっぷり、中はほくほく。

2010-6-21-1.jpg



お芋がなくなったらその日の営業は終わりだそうで、
平日は食べられないのが寂しくてたまらない。
よっぽど夢中に見えたのか、芋職人のおじさんに
「電話くれれば、とっておくよ」と言われてしまいました。
でも営業時間内に仕事から帰れない。
本当は毎日だって通いたい!

あぁ、大学芋・・・。



わたしがほくほくした気分で食べ始めると
それ以上にほくほくした気分で見上げるのは、


もちろん、皆さん方。


2010-6-21-2.jpg



蜜の部分はよけて、お芋の部分だけを少しおすそわけしたら
それからというもの、ヨダレ垂らして見つめるようになってしまいました。


そして、お芋をちょっとでも遠ざけようものならば・・・


2010-6-21-3.jpg


真顔になるシャビと、口元がヒクついてしまうハニョ。


きちんと座って待っていたからおすそわけをしたのに、
食べ終わった瞬間、ご不満な様子。

2010-6-21-4.jpg


犬にとっては、食べた後より、食べる直前のほうが幸せらしい。


2010.06.22

つばさガンバレ&江戸川散歩


週末は、あちらこちらへ。


日曜日の朝、時計を見たら8:00AMで
びっくりして、思わず身体を起こす。

いつも早朝5時頃には、ヒンヒン鳴きで起こされていたのに
つばさが鳴かないなんて、何かあったと半ば慌ててケージを見て

あぁ、そうか。トライアルに行ったんだ・・・と息をつく。


土曜日の午後、つばさはトライアルへ行きました。


2010-6-20-2.jpg



つばさには問題点や大変なところがあるので、
それでもつばさと暮らしたいと思ってくれるご家族じゃないと無理だろうと
門戸は狭くなっていました。

応募して下さった方には、あらためてお電話で
要求吠えや攻撃的になる点、咬む性質があること、
自宅でトレーニングを継続して行うことが必要であること等をお伝えし、
もう一度ご家族でよく話し合ってください、と伝えていました。

結果、「やはり今回はあきらめます」とお断りをいただいたり、
逆に、ワンコを飼うのが初めて+小さいお子さんがいるおうちからのご応募には
きっとご家族が大変な思いをされるだろうと、お断りさせてもらったり。

その中で、以前飼っていたワンコがガウガウする子だったというご家族が
つばさの性質を説明した後でも、家族で話し合ってお見合いを希望され、
お見合い時にも、あらためて問題点をお伝えしたのですが
トライアルに進みたいと仰って、晴れて土曜日からトライアルに入りました。


長く小型犬の飼育経験があって、ガウガウ咬む子と暮らしていたこともあり、
小型犬の扱いは慣れているので心強く思いつつ、
やはり心配な気持ちもあるので、「つばさのカルテ」を作って一緒に持って行きました。

つばさの性質や、注意点、トレーニングの仕方などが書いてあります。

2010-6-20-4.jpg



お届けした時に、この紙をもとにもう一度ご説明したところ、
ご家族の方が目の前でトレーニングの練習をして下さったりして
すごくいい感じだったのですが・・・

それでもつばさ、ご家族にガウッと歯を当てました。

幸い軽くかすっただけで、「私が急に抱こうとしたから~」と
ご家族の方も言ってくださったんですが、
やはり時間をかけて性質が改善されても、
初めての人だとまたイチから関係を作る必要があるんですよね。


わたしが説明しているのを、呑気な顔で一緒に聞いてます。
2010-6-20-1.jpg


つばさもご家族も、なんとか頑張ってもらいたいですが
難しい場合は、無理しないでくださいねと伝えてあります。
うまくいけばとても嬉しいですが。


わたし達がご家族の家を出るとき、
いつもお届けする時のように、さり気なく家を出ようとしたんですが、
つばさは、今まで預かったどの子よりもすがって鳴いて鳴いて
初めて預かりワンコとの別れが、とてもせつなかったです。
これまでは寂しくても、みんな笑顔の別れだったもんね。
感情が激しくて感受性が強い子はその分大変だけど、情が入ってしまうね。


といっても、来週はまた家にいるかもしれないけど(^^;


土日の間、「ご家族は大変じゃないかな、咬まれてないかな」とわたしは気にして、
masaは「大丈夫だろう~」と楽観視。
夫婦ってそんなもんですね。


つばさ、ガンバレ!


ワンコの皆さんもパワーを送ります。「ガンバレー!」
2010-6-20-5.jpg




日曜日はmasa実家に招かれ、その前に江戸川でひと遊び。


軽快なシャビとは違い、土手への階段をのっしのっし昇るハニョ。
2010-6-20-7.jpg



広々とした場所で気持ちよさそうな2頭と、ロングリードを操るmasa。


2010-6-20-10.jpg



2頭もはっちゃけて楽しそうでした。

2010-6-20-11.jpg



途中で、はたと草の存在に気づく2頭・・・

今のうちにーーーむしゃむしゃ。
2010-6-20-12.jpg




その後はmasa実家へ―


何かもらえると思って、期待の笑顔。
2010-6-20-13.jpg



おいしいごはんの後には・・・


誕生日のケーキ!!

2010-6-20-16.jpg


masaとわたしの誕生日がふたりとも6月なので
ホールケーキを用意してくれていました。

もうイイトシだけどうれしい


ワンコたちは、masa母に肉球スタンプのクッションを縫ってもらって
ゴキゲン♪

その上で早速寝てます(^^


2010-6-20-15.jpg


あれこれ慌ただしかったけれど、ワンコの皆さんも楽しそうでよかった。

近々、最初で最後の?プレゼント企画やりますー。
いや、ホントは数か月前からやるつもりだったんだけど・・・
あっという間に6月も後半って。早すぎる。


2010.06.18

気がつけば犬団子。


あづい・・・

毎日留守番中の皆さんのため、日中も5月からエアコン稼動しているんですが
気温の上昇とともに、電気代の増加もおそろしいこの頃。


犬たちだけではなく、暑いの苦手です。

梅雨生まれなのに、全面降伏です。
「あなたにはかないません、許してください!」ってひれ伏します。
許しちゃくれないけど。

更新が思うようにいかないのは、
PCを開く元気すら奪う、容赦ないこの暑さのせいです。

そして、毎日落とされるつばさの爆弾が強烈なせい・・・。


「ボクがなにか?」今やくっつき虫の甘ったれ。
2010-6-12-2.jpg


つばさ、マーキング三昧の日々も終わり、フリーだとトイレもほぼ完璧なんだけど、
日中の留守番だけ、ケージ内で派手にやってくれます・・・
何度かホントにめまいで卒倒しそうになりましたよ(笑)


帰宅すると、気合を入れ直し、まずは完全武装してケージの掃除!

服を脱いで汚れてもいいTシャツを羽織って、髪をひっつめ。
手には使い捨て手袋。マスクもしっかり。
できれば目も閉じていたいけど、こればかりは仕方ない。
そして、頭からっぽにしてひたすら掃除・・・

そのあいだ、犬たちはリビングで待機させてるんですが
どこでもついて回りたいハニョはご不満。


扉を前足でこじあけて、こちらを見てます。
2010-6-12-1.jpg


「来たらだめだよ、待ってね」と言うと、ため息つきながら待ってます。
しょうがないでしょ~。



それでもつばさ、本当に良い子になりました!

咬むどころか、もうガウガウすら言いません。
あれほど人に注目できなかったのに、今は常にアイコンタクト。

前は足を触られるだけで咬んでいたのが、シャンプーだって全然大丈夫。

人の顔を見上げ、目を見てじっとガマンする姿がいじらしく、じんじん来ます(:_;)


DSCF9317-2.jpg


この間トレーナーの先生に会ったのですが、
「こんなに短期間にこれだけ良くなったのだから大丈夫!」と言ってもらえました

つばさ、よかったね!

旅立つ準備ができてきたね。


なのでケージの掃除くらいは許容範囲


でも調子の悪かった日、ケージを掃除したらぐったりして、
うめきながら横になったところ・・・


すかさず、ハニョ看護婦が。


べたべたっ。
ハニョナース2-5


首筋をぎゅうぎゅう圧迫しながら慰めてくれます
重い・・・。

ハニョごめん、ちょっとどいてね、と身体をずらしても
鼻をふがふが鳴らしながら、再びしがみつく有様。



横になるのは非常に危険です。


そう、ひとりでちょっとだけ横になろうなんて許されない。



毎度のことながら、気がつけば犬団子。


犬団子201006-1-2



ちなみに、ハニョ&シャビがなんでこんなに真剣に前を見ているかというと

テレビ番組でメキシコ料理が出ているから。


犬団子201006-3-2

タコスの味を妄想しているらしい。

前記事のコメントのお返事、週末に書きますので少々お待ちくださいー。
2010.06.14

犬三昧の29、犬まみれの30


こんばんは!いよいよ梅雨ですね~。

金曜日も土曜日も日曜日も・・・
「記事を書こう!」と思うようなネタがてんこもりだったんだけど
ダメです、どうも眠くて。
つばさが落ち着いてきたので、安心疲れが出てきたのかなー。


先週は、仕事から帰宅すると
つばさのケージ内では、毎日派手な生物化学テロが行われており、
あちらこちらに、う○ちが飛び、こびりつき、ぐちゃぐちゃに・・・
本犬はその上で走り回っていて、卒倒しそうな臭いが充満

つばさを洗うのと、ケージの掃除にかなりの時間がかかり、
毎日ぐったりしてましたー。


洗った後はふかふか。 まったりおくつろぎ中です。

DSCF9319.jpg


寝ても醒めても、犬・犬・犬まみれ。



3頭を連れて出掛けた週末の様子です~。


まだ支度をしているというのに、
お出掛けを察知した3頭は、うれしくてみんなソワソワ。


DSCF9148-2.jpg



つばさは初めてのドッグラン&他のワンコと上手に遊べるかまだ少し不安なので
いつものドッグランへ行きました。


DSC_8962-2.jpg


時間をかけて行く人の多い場所より、
いつも貸切のココが、ワンコのみなさんも一番リラックスしているような。

特に、他のワンコとの距離感をうまくとれない預かりワンコがいる時には
貸切って一番いいね(^^


ドッグランではいつもベンチ要員のハニョもうれしそう。
そもそもここには、ベンチがないし(笑)

DSC_8979.jpg




追いかけっこしたり~


先を行くハニョの顔が、若干必死。
DSC_8976.jpg



「つけ」や「マテ」の練習をしたり。

DSC_9002.jpg



思いっきり走ったり、

DSC_8959.jpg



みんなで楽しげに笑ったり。

DSCF9181.jpg



つばさもすごく楽しそうでした!
伝わりますか?

DSC_8986.jpg



ここで遊んでいると、よく人が立ち止まって話しかけたりしてくれます。

主に、子供たちや子供連れの方たち。


DSC_9017.jpg


この日も、小学生の男の子と幼稚園生の女の子たちに話しかけられました。

どちらも、
「さわっていいですか?」
「咬まないですか?」
って敬語で聞いてくる!

手を出さずに聞くなんてしっかりしてるね~。
男の子からどんぐりのプレゼントももらっちゃった! ありがとう。




そして、いつも犬まみれの我が家にも、週末は人間が主役のお祝いが!


11日の金曜日は、ワンコたちのボス、masa氏の誕生日でした。


DSCF6317-2.jpg


知り合ってようやく1年半、ふたりと二頭で迎える2度目の誕生日です。


犬に始まり、犬に終わった29歳。

そして、犬まみれの30代へ-


30歳のお誕生日おめでとう!


「シャビの一生を書き続ける!」 なんて心意気強く言ってたはずなのに
今や、ブロガー魂はどこへやら、
「ハハハ、このオチいいね」なんて、完全にブログの読者側に鎮座してます
まぁいいよ。わたしが書けるうちは書くよ。
そのうちギブアップしたら、今度は代わってもらおう。



いつも、ハニョ&シャビへの愛ばかり書き連ねているけれど・・・


シャビとハニョがいつも楽しくいられるように考えてくれてありがとう。


DSCF9966-2_20100613235940.jpg



毎日毎日、ワンコたちのお手入れをしてくれてありがとう!


犬たちはいつも並んで順番を待ちます(^^
DSCF7981-2.jpg



ワンコの皆さんをたくさん喜ばせてくれてありがとう。


いつだって毎日が熱烈歓迎。 預かりワンコも。
DSCF1225-3_20100614000142.jpg



いつも労わってくれてありがとう。
「もっと手を抜いていいよ」なんて言われると、余計に手を抜けません(笑)


そして、どんなに忙しくても、どんなに急でも
保護犬がくるたびに喜んで迎えてくれてありがとう!

預かりワンコを、シャビとハニョと同じように可愛がってくれてありがとう。


DSCF1957-2.jpg


DSCF6340-3.jpg



仕事が忙しくてゆっくりできる日がなく、ようやく取れた休みの日、
朝寝坊してのんびりするのを何より楽しみにしていたのに
預かりワンコの調子が悪いと知ったとたん、
なんの迷いもなく、往復3時間以上かかる病院へ付き添ってくれたこと。

そして、診察台の上で震えるワンコに触れて、
「大丈夫だよ、ガンバレガンバレ」と励まし続けてくれたこと・・・

自分が何かをしてもらうよりもずっと感激した。ありがとう。


感謝するのもやっぱり犬のことばかりになっちゃうけれど…(笑)


みんなボスを信頼してついていっています。

DSC_9009-2.jpg


犬まみれの30代も楽しくいきましょう。


2010.06.09

分身の術。


仲間意識の強いシャビとハニョ。

二頭ともに、「スト―キング」という共通の趣味を持ってるし。


料理をしている間も、こんな具合。
2010-6-8-1.jpg



たとえ、寝ている時だって、二頭は仲間。


ハニョ&シャビの寝姿を見て、masaが一言。


「コピペじゃん・・・」


「題名:コピー&ペースト」
copy!!.jpg


・・・ほんとだ、見事な分身術。

シャビが手前にいるから、遠近法もちょうどよろしい。


2010.06.07

つばさの秘密。


先週から仕事がまた増えて、なんともアップアップ。
というか、ほとんど半泣き。

とてもさわやかで大好きな季節なのに、
その風を感じられる時間には帰れない。

日照時間も少しずつ長くなっているのに、
帰る頃には、すでにネオンきらきら。
時には、酔っぱらいもちらほら。


そして、帰ってみれば
つばさのケージでは、トイレシートをびりびり、う○ちをふみふみ・・・ ぎゃ~

マーキングも落ち着いて、トイレは上手になったんだけどね、
待ち侘びてシートを破きたくもなっちゃうよね。

うんうん、わかる。
わたしも残業中には、書類を引き裂きたくなるしね(笑)


2010-6-5-7.jpg



まぁでも、預かりっ子が5頭めともなれば
どんな惨状も大抵は見慣れて手慣れて、
「あらー、う○ち踏んじゃったんだね~」と言いながら、つばさの足を洗い、
ケージを拭き、除菌をして、タオル類を浴室でごしごし洗う。

浴室にこもって洗っている間は、
3頭みんな、浴室に入りたがって扉をガリガリ・・・。

まあ落ち着いて、ちょっと待てあと3分


・・・というような毎日です





つばさを預かってから三週間が経ちました。


初日のハニョ&シャビの反応は、毎度ながらこんな感じ。


二頭とも、微動だにせず。
2010-5-21-1.jpg


2010-5-21-2.jpg



2010-5-21-3.jpg


これも毎度のことながら、今ではすっかりなじんでいます。


つばさについて、これまであまり書かなかったのは、
試行錯誤しながら、落ち着くまで時間をかけたかったので・・・

3週間、長く感じたな~。
ようやく落ち着いてきたので、やっと書けます。


自分たちにとっては大事な時間になったので
一連の流れを綴っておこうと思います。

長くなると思うので、犬との関わりやしつけについて興味のある方はご一読下さい―


家に来て二日目。 一応、あなたが親分ですよ。
2010-5-21-4.jpg



問題が表れたのは、家に来た次の日のこと。
突然キレるような咬みつきや唸り、攻撃的な部分が表れました。

チワワのふう太(現:テンちゃん)の時も、最初は威嚇と咬みつきがあったけれど
それとは違うもの。
ふう太は一度気持ちを預けてしまえばその後はすっかり落ち着いたけれど
つばさは、警戒でも空威張りでもなく、
「気に入らないこと」「嫌なこと」「自分がやっていることを止められること」
などに対して瞬時に咬みつく、といった感じ。

たとえば、
何かモノを抱えている時に近づこうとすれば咬む、
ソファの背に昇るのをやめさせようとすれば唸る、咬む、
テーブルに手をかけるのを注意すると咬みつく、etcetc・・・

それだけではなく、物音やおもちゃ遊びで興奮するとその勢いで咬む。
要求吠えも激しく、自分の思い通りにならないと癇癪を起こす、といった様子でした。


その咬み方も威嚇ではなく、皮膚を貫く本気咬み。

病院で健診を受けた時に、狼爪(親指の爪のようなもの)をとる処置をしたので、
家では毎日包帯を替えていたのですが、
前足に触れようとしただけで咬むため、
毎晩masaとふたりがかりで、気を逸らしながらの手当て。
特にmasaは、流血して腕が痺れるほど咬まれてたね・・・
ゆ、指に穴が空いてた・・あれはイタイ


のんきな顔と、妙な体勢でおやつ食べてますがー。 
2010-6-5-8.jpg

(カラーは傷口を舐めさせないため。今は外れました。)



叱られると、興奮してさらに激しく咬むため、
ゆっくり言い聞かせ、いいところを褒めるやり方に変えたら、以前より落ち着きました。

でも、それが正しいのかどうか、根本的な解決にはなっていない・・・

早いうちに対処のやり方を学んだほうがいい、とスタッフの方のアドバイスをもらって
プロのトレーナーの方に相談することになりました。


CAJAの会では、積極的にドッグトレーナーの方や獣医さんに関わってもらい、
預かる側もしつけや接し方を学んでいます。
会に協力してくれているトレーナーの方に相談したところ、
性質と対処法を考えるため、数日間預かってもらって様子を見てもらうことになりました。


基本的には甘えん坊で、ふだんはこんなふうにべったり。
2010-6-5-10.jpg



トレーナーの先生といろいろと話し、つばさを預けて
わたし達がそこを出ようとしたら、後追いしてキュンキュン甘えて鳴くので
後ろ髪を引かれてしまいましたー。


預かってもらっている間に毎日報告をしてくれたのですが
やはり、家に来た時と同様で、攻撃的な部分が表れている様子―

初日はいい子、次の日には先生に威嚇、2日後には咬みついたと聞いて
気持ちは凹む・・・


問題があるワンコの場合、しばらくトレーナーさんの元で預かってもらい、
プログラムを組んで改善してもらうやり方もあるそうなんですが
なんとなく、もう一度ウチに帰ってきて
家でゆっくり向き合ってリハビリしたほうがいいような気がして
先生とも相談して、迎えに行きました。

なんででしょうね。
預かってもらったほうが楽だし、咬まれるとめちゃ痛いし、
再び怪獣が戻ってくるというのに(笑)
なんだか迎えに行く足取りは軽く、
masaとふたりして、会えるのが楽しみでもあって。



実際、迎えに行ったら・・・

つばさは大喜び!

ジャンプしてはしゃぎ回って、ブレブレ。

2010-6-5-1.jpg


まだわたし達とだって、出逢って10日も経ってなかったのにね。
それでも次に会えばこんなに喜んで。


この日は、先生から見たつばさの問題点と、
対処法について教えてもらいました。


大きな問題点は以下の通り。


 ◇攻撃&噛みつき   
   気に入らないことをされたり、モノを取られそうになると咬みつく。
   また、自分より弱い犬や、男性に対して特に攻撃的。
   
 ◇要求吠え   
   食べ物が欲しい、抱っこして欲しい、ケージから出して欲しい等、吠え続ける。

 ◇警戒吠え   
   物音や来客に激しく吠える。

 ◇威嚇
   他の犬に対して先手必勝で吠える。
   強い子や大きい子に対しては弱いが、小さい子、震えてるような子に対しては攻撃に出る。

 ◇人への注目度が低い
   アイコンタクトを取れない、人に注目しない。


こうして並べると、大きなものだけでも結構ありますね・・
興奮しやすく、テリトリー意識も強いので、
来客にも攻撃的な態度に出るだろうとの注意も受けました。


原因としては、もともとの性質に加え、
「経験不足」によるところも大きいとのことでした。

おそらく、前の飼い主にまったく放っておかれたか、
しつけの類は何もされず、好き勝手にやっていたのだろうと。
そして1歳未満で愛護センターに入り、お迎えも引き出し要請もなくて
一ヶ月の間、センターで過ごしたのだから、
人や周りとの関わり方がわからないのも当然かもしれません。

咬みつきの性質の改善は難しいかもしれないけれど
できうる限り、興奮・威嚇・攻撃させない関係を作ることが大切だと
対処法も教わってきました。

トレーニング伝授中。シュナウザーの子も保護犬です。
2010-6-5-3.jpg


つばさの引き継ぎが終わった後、
犬の性質を知るための、しつけ教室も受けてきました。


今回、問題を抱えた子を預かることによって
わたし達自身も、もっと学ばなければならないと感じました。
今回のことだけじゃなく、ハニョ&シャビに対しても
これから出逢うワンコに対しても、きっと役立つと思ったので
「犬との接し方」の座学と実技をハニョ&シャビも一緒に受けました。


保護犬にも対処できるようなプログラムを組んでくれました。
2010-6-5-2.jpg


座学でわたし達が真剣に聞いている間、
ハニョ&シャビはごろごろ寝てたけどね・・・(--


実技の練習中では一転、大ハリキリ。
ご褒美にオヤツがもらえるからね・・・

2010-6-5-4.jpg



今回、いろいろと教わってなるほどな・・と思ったことのひとつに、
家の犬がわたし達の言うことを聞くのは、
信頼感があってこそだということ。
犬は、自分の好きな飼い主がそこまで怒るなら、あるいは、そこまで悲しむなら
言うことを聞こう、と思う気持ちがあって従っているのだそうです。

でも、保護犬はまっさらな状態で預かり家庭にやってくるので、
そこの部分がない。
信頼していいのかも、懐いていいのかもわからない。
懐いたところで、前の飼い主のように、またいなくなってしまうかもしれない。

それでもほとんどのワンコは、いじらしいほど頼ってくれるけれど
つばさのように、人との関わり方すらまだわかっていないワンコもいる-
それを身を持って実感しました。(咬まれ続けることによって・・・

その子の性質や個性によって、
接し方や対処を変えていかなくてはならないことも学びました。


しつけ教室の後は、ぐったりうだうだの2頭。
2010-6-5-5.jpg


帰宅してからは、つばさの問題行動が出た時の対処を、
アドバイスを受けた通りに行い続けました。


つばさの場合は、要求吠えや威嚇には無視(決して目を合わせない)、
他人や犬に対して激しく吠えたり、攻撃性が出た場合には
叱るかわりに自分のもとへ呼び、来たら褒める、ということを
繰り返し徹底しました。

一緒に遊んでいて興奮した場合は、すぐにその場を立ち去り、
離れた場所へ行って、名前を呼びます。これも、来たらとにかく褒める。


ご褒美は、褒めてたくさん撫でること。

撫でられるのが大好き。
2010-6-5-15.jpg


それから、ひとつひとつの動作できっちりアイコンタクトを取り、
人に注目させることも繰り返し練習しています。


それを続けていたところ、
これまでは人に注目せず気ままに好きなことをしていたのが
じっと目を見てこちらの様子を気にするようになりました。


こんなふうに、座って次のアクションを待てるように!
2010-6-5-12.jpg


さらには、攻撃的な部分がほとんど消えました。

たとえ物音にガルガル・・と唸り始めても
「つばさ」と名前を呼ぶことでこちらを見て、唸るのをやめるようになった。

これはすごい進歩です。うれしい。


2010-6-5-14.jpg



あとはもう、ひたすらべったり。

わたし達を信用していいと思ったのか、一緒にいる間はずっと甘えています。
常にくっついては、べたべた。


2010-6-5-16.jpg



咬みつきや攻撃的な一面があるのは消せるわけではなく、
こういった面があることを理解してもらえる先への譲渡になるため、
幅は狭いかもしれません。
誰だって、咬む可能性がないほうがいいだろうし。

それでも、「つばさがいい」と言ってくれる家族が現れてくれるといいなーと
思っています。

それまでに、少しでも人と関わることに慣れ、
よいところをたくさん引き出せるようにがんばろう。(←自分に言い聞かせてる。)


くっつけない間は、ひとりでウトウト・・
2010-6-5-13.jpg



弱い犬に対しても攻撃的なつばさですが、
ヨワヨワなはずのハニョ&シャビに対しては低姿勢。
決して咬みつきません。

なぜなのか・・?


つばさが興奮してガウガウやった時、
「グゥゥ、ワワン!!」と強気で一喝したからです。


まさかのハニョが。 有無を言わせない勢いで。

2010-6-5-18.jpg


これにはびっくり。

その一喝でハニョ&シャビを自分より強いと思ったのか、
つばさは二頭には友好的で、オヤツもきちんと順番を待ちます。

犬同士の関係を人間が変えるのは難しいので
自ら強い一面を出してくれて、ほっとしたかな。


これまで一度も、預かりワンコに対して怒ったことはなかったのにねー。

2010-6-5-17.jpg



今までの預かりワンコたちよりも
少し時間がかかったけれど・・・

やっとリラックスした顔になりました。

2010-6-5-19.jpg


この表情を見たら、ようやく少しだけ気が抜けるかな。。
素敵な家族に出逢えるように、少しずつがんばろうねー。


2010.06.02

小雨のニコタマ、捨て身のおもてなし。

前回の記事の続きです。

シャビとハニョ、それぞれの一日。


まず、シャビ。

チーム黒白の会合。
サシでデート!の相手はもっちさん&シャンス。

2010-5-30-4.jpg


シャンス、相変わらず可愛いな~♪


もっちさんとは、以前からmasaもわたしもそれぞれ個人的に仲良くしていたので
妙に親近感を感じています。

masaはシャンスが大好きで、
しょっちゅう、「シャンは可愛い、シャンはホント可愛い!」と言ってるしね。
ココだけの話、もしやOSSANのシャンスに対する愛よりも強いんじゃないかと・・(笑)


元祖・ビビリのシャンス。
2010-5-30-30.jpg


わたしとシャビを見て、
「実際にシャビを連れているのを見るのがすごく不思議!」と言っていたもっちさん。

そうだよね、見慣れないよね~。
これまでは、でかくてオドオドしてるのがわたしの後ろにいたんだもんね。


ラテンなシャビは、前へ!前へ!だし。

2010-5-30-10.jpg



もっちさんの庭であるニコタマ、この日は寒空。
しかし、場所の変更はせず、「PEACE TOKYO」のテラス席にて強行会合!


揚げたてのフリットもパスタも、瞬時に冷製仕立てに変身。
2010-5-30-6.jpg



寒空などものともせず、むしろ吹き飛ばす勢いで、
思い浮かぶがままに喋りまくり、そして飲みまくる雨女ふたり。

小雨の中、外でアルコール。 気分は無敵です。

話が盛り上がるたびに「もう一杯!」となり、新たなアルコールを投入。


湯気の上で若い人たちが温まってますよ。
2010-5-30-9-2_20100601212426.jpg


5月も終わりなのにホットワイン・・・どんだけ寒かったんだ。



せっかく来たのだから、
もちろんワンコたちも遊びましたよ~。


たくさん走った後で、並んで休憩中。

2010-5-30-15.jpg


陽気な男シャビはシャンスと遊びたくてじゃれ合いたくて
ニコニコで近づいたり、思い切って軽く体を当ててみたり。

シャンスはそのたびに、きっと「ひぃっ」とは思っていただろうけど
以前ほど怖がっていなかったね。


もっちさんの教育的指導により、寝転がるシャンス
2010-5-30-16.jpg



さすがにしんしんと体が冷えてきて

「コーヒーでも飲んで、身体をあっためてから帰ろー」なんて、


駅の近くのお店に入って・・


2010-5-30-18.jpg


コーヒーじゃないし!

コーヒーはおしゃべりの続きの、単なる言い訳となりました。


結局、最初から最後までアルコール。

おしゃべりが楽しすぎて、酔っていることに気づくのは帰り道。

2010-5-30-21.jpg


ワンコの話もしたけれど、ほとんどがそれ以外の話だったなぁ。

ふだん、オチのある笑い話以外の自分の話は進んでしないのだけれど
もっちさんに聞かれると、不思議とあれこれ喋っちゃうー。
これも、もっちさんの人柄あってこそなんだろうね。

何を話しても最後には笑いになって、すごく楽しかった。
ありがとう。

あと1時間あったら、さらに突っ込んだ話をしてただろうな・・・(笑)


まだゴキゲンな方1名。
2010-5-30-19.jpg


さらなるアルコールを投入したかったけれど、
さすがに、家へのお客様への挨拶だけでもしなくては!と帰宅の途へ。



わたし達が雨空の下でアルコールと戯れているあいだ、
ハニョはmasaのお友達のみなさんにと~っても可愛がってもらったようです。


masaのレポートによると、
犬好きの優しいお姉さんと、爽やかな男子の面々に可愛がられて
相当ご満悦の様子だったとのこと。


ハニョ×masaのお友達の方々。
2010-5-30-28_20100601205108.jpg


可愛がってもらうだけじゃなく、
おもてなしもバッチリだったようで。

自ら、お腹を献上しておもてなし。

2010-5-30-24_20100601205110.jpg


たくさん撫でてもらってうれしかったんだろうけど、
ハニョ、魅惑の「ナデナデタイム」はもう終わったんだよ・・・

お兄さんたちはみんなもうゲームをしているのに、捨て身のナデナデ待ち。

2010-5-30-25_20100601205110.jpg


よっぽどうれしかったんだね。

寝転がったまま、待つハニョよ・・・

2010-5-30-26_20100601205110.jpg


お出かけとおもてなし、それぞれ楽しい一日だったね。

もっちさん&シャンス、遊びに来てくれたmasaのお友達へ
ありがとう!


二頭は、くっついて互いに一日の報告をし終わった後で・・

並んで爆睡タイム。
DSCF8861.jpg

別々の一日も、成功だったかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。