--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.31

前へ。

今回の震災により、多くの方々が亡くなられたことに
深い哀悼の気持ちをささげます。

また、大切な存在を失ってしまった方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。

被災された方々には、
一日でも早い復興と、心にあたたかさが戻られることを
祈ってやみません。




ブログ復活のつもりでいましたが、
震災の余波も大きく、
更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしました。


きっと、すでにたくさんのブログで
被災地の動物救済のための情報を発信していると思いますが
こちらにも情報先を載せさせていただきます。


<震災における動物救援に関する情報はこちらから>

緊急災害時動物救援本部

社団法人 日本動物福祉協会

財団法人 日本動物愛護協会

社団法人 日本獣医師会 


東北地震犬猫レスキュー.com





うちとしては、微力ではありますが、
赤十字と緊急災害時動物救援本部に義援金を送りました。

まずは人間の救済、と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが
被災地の方々が大切にしていた動物たちを救うことは
その方々の心を救うことだとも思っています。


東京都の愛護センターでも震災後から、たくさんの犬が保護されました。
悲しい話ですが、飼い主による持ち込みも多いそうです。

首都圏の物資の不足、相次ぐ余震、放射線による汚染。
その不安からペットまでも手放すのでしょうか。

カヤの会でも、センターから保護犬を引き出そうという話になっているのに
ガソリンが不足していて迎えにいけない状況が続いています。


何ができるのか。 震災後からずっと考え続けています。

祈ることだけではなく、
小さいことでも、自分ができることをやっていかなければ。







近況報告としては、みんな元気です。


震災後の影響が大きい不慣れな生活の疲れと、非常に忙しいことが重なり、
また、報道で見るあまりの被害の大きさにショックを受け、
自分たちの身の回りの物資不足や水の汚染などを深く思い悩む余裕もないまま、
日々が過ぎてしまいました。


友人たちや、遠方に住む大切な人たちから、
「大丈夫なの」「モノは足りてるの」と連絡がくるたびに、
「身を心配する余裕もなかった」と言うと、呆れられますが・・・



シャビは相変わらず楽しそうです。

次にガソリンがいつ手に入るかわからなかったため、
ドッグランに行ったり遠出ができないことが、少々不満のようだったけれど。


2011-3-30-1.jpg



ハニョは、震災後しばらくは不安定で、
ふだんなら、出勤時にはおとなしく見送るのに
毎日、玄関まで後追いしながら激しく鳴いて、
帰宅時には抑制が効かないような喜び方をしていました。

仕事に行くときには、「もしまた大きな地震があって会えなくなったら」と思うと
心が引き裂かれそうになりましたが、
masaの会社が一週間自宅待機になったため、
安心して犬たちを任せられました。



今はハニョも元気です。

普通ならおかしいこんな脱力ポーズが、ハニョが元気である証拠です。


2011-3-30-2.jpg



平日は仕事へ、週末は引越し先の家の修繕で千葉へ赴き、
日曜日の夜に都内に帰って、月曜の朝からまた仕事という日々を送っています。


通勤状況は安定せず、運行本数が減っている上にダイヤの乱れも多く、
毎朝、毎晩、何本電車を待っても押しつぶされるほど混んでいます。

くわえて、会社では産休前の引継ぎ準備がはじまり、
ルーティンの仕事の合間に、後任の方への資料を作る毎日。
抱えている仕事量が多く、引継ぎに約3ヶ月かかるため、
すべて教え切れるのか、不安も感じています。


会社のビルは暖房を切っており、通路などもとても暗い状態。
足の先や指先も冷たくなるほどで、コートを着込んで仕事をしている人も多いです。
ハラマキして、ヒートテック着て、毛糸のパンツ穿いて
それでも手足が冷たくなるので、今は湯たんぽで足先をあたためながら仕事をしています。

仕事が終わってスーパーへ行けば、目につくのは空の棚ばかり。
パンも卵も牛乳も水も買えず。
それでも今は、肉や野菜が買えるようになっただけ、まだよくなりました。
食べられるものがあるだけ恵まれていて、
その日に手に入るものを食べればいいのだから。


帰宅して家事を終える頃には疲れがどっと出て、
体力的にも精神的にも毎日を過ごすのが精いっぱいでした。

ストレスがかからないわけがないけれど、
なるべく不安を感じすぎないように、気をつけています。

ニュースも必要以上には観ていません。
日々流される、不安をあおるようなニュースや、悲しいニュースばかり見ていると
希望を見出すことが、難しく思えてしまう時もあるから。



でも、みんな元気です。


2011-3-30-16.jpg



自分たちのことだけではない、

守るべき存在のためにも、しっかり気持ちを持たなければと思っています。


masaの話を聴く2頭。
2011-3-30-8_20110331223804.jpg




今回の震災後から、あちらでもこちらでも、
たくさん聞かれた言葉。


‘申し訳ない気持ちになる’


自分が大変でも、精神的につらくても、みんながみんな、
「自分よりもっと大変な人がいるから」
「こんなことでつらいと言ったら、被災地の方々に申し訳ない」 と言う。
遠方に住む友達からもそんなメールが来る。

自分がつらくとも、もっと大変な人の身を案じる-
これが、海外の人たちが感嘆する、日本人の素晴らしい資質なんだと思います。

でも、ガマンしすぎないでくださいね。

申し訳ないと思い続けて、つらい気持ちに覆われないように。
うれしいとか楽しいとか、喜びを「感じる心」までなくさないように。


わたしも、慌しく過ごしながら、
時々、突然にぽたぽたと涙を垂らしたくなり、
ただただ泣きたい気持ちになるときがありました。

でも、大変な状況にない自分が泣くのはおかしいと思って、自制していました。
もっとあかるい気持ちを持たなければ、と。



節電のため暖房をつけずに、毛布をかぶって本を読もうとすると、
慌てて走ってやってくるのは、「あっため隊」の方達。


久しぶりにゴルゴを読む。ハニョも愛読中。
2011-3-30-3.jpg



自然に力が抜けていきます。

今日できることを頑張り、でも、頑張りすぎずに、
毎日を大切に、力を抜いて過ごせたら。




とうとう引越しも来週末になりました。

震災の影響で引越し先の家の修繕をはじめるのが遅れたことに加え、
当初は簡単な修繕を行うはずだったのが、
床や壁を張替えたり、和室の畳をフローリングにしたりと、
ほとんどリフォームのようになっていて、未だに終わりません・・・
購入した家電や家具なども、震災の余波で生産が追いつかず遅れるとのこと。

ふたりとも通勤がだいぶ遠くなることや、
引越し先の下水から放射線の規定値を越えた水が検出されるなど、
不安や心配なことも色々とありますが、前向きに。


今度の家は、年代モノの味のある一軒家です。

以前からmasaと、
「古い一戸建てでハニョ&シャビと一緒に、気兼ねなく暮らしたいね」と
話していたので、ふたりとも楽しみにしています。
ハニョ&シャビにとっても、良い環境になります。


先週末と今週末のミッションとして、
和室以外の床の全面に、クッションフロアを敷いているところです。
ハニョ&シャビの足が滑ってケガをしないための対策。

この時期で業者さんが忙しく、日程の都合がつかなかったこともあって、
大工さんが必要なところを施工したあとは、
床や壁の張替えは、masaとmasa父がほとんどのところをやってくれています。


masaは、床張りが職人並みにうまくなってます。
がんばってください・・・。

2011-3-30-6_20110331223804.jpg



家の修繕の合間には、河原の土手を散歩。
シャビもハニョもすごくうれしそうです。

2011-3-30-4.jpg



引越しについては、落ち着いてからまた書けたらいいなぁ。
(と言いつつ書けずに終わるのが、このブログの常ですが)


2年前の引越しの時も大変だったなぁと、
ずいぶんと昔のことのように懐かしく思います。



久しぶりに記事を書いたというのに、明るい記事ではなく、
読んでくださった方をしんみりした気持ちにさせてしまったかもしれないので
最後はお決まりの、ハンコロジスタ容疑者の登場で締めたいと思います。



飼い主の手から梱包材を奪い、

引越しの手伝いを必死にがんばってます。


2011-3-30-10.jpg



ガムテープは顎を置くためのものじゃないんですが・・・


2011-3-30-14.jpg



ソファの背に乗ってガムテープを死守する、脅威のバランス感覚。


2011-3-30-11.jpg



クイックルワイパーのシートをくわえて逃げる。

掃除まで手伝ってくれようとしなくてもいいんだけどね・・・


2011-3-30-12-2.jpg


・・・とまぁ、こんな具合に、

飼い主の手を煩わせています。

でも、ふっと笑ってしまうこの一瞬に、今は助けられてる。




「夜明け前が一番暗い」 という言葉があります。


明日から4月です。桜も咲き始めました。

一日でも早く、被災地の方々をはじめ、みんなが安心できるように、

安全でゆるぎない世界が戻ってくるように、

少しずつがんばりましょう。



最後に、
大変なことがあったとき、心の糧にしている言葉のひとつを。


神秘的な宇宙が、悲しみを軸に回転するとは信じられない。

不思議な美しさを持つ世界は、どこかで純粋な喜びに支えられているに違いない。




スポンサーサイト
2011.03.13

夕暮れ前の散歩に思う。

東日本の地震を心配して、
たくさんのメールや電話をいただきましたが、
ご連絡が遅くなってしまってすみません。


都心部は地震直後から電話・携帯がつながらない状態が続いていて
メールの受信はできても、返信メールは送れない状態でした。

自分の親とも、昨夜ようやく連絡が取れました。


わたし達はみんな大丈夫です。



地震が来た時は恐怖に耐えるので精いっぱいでしたが・・・

会社移転後のビルは耐震ビルのため揺れが強く、
特に一番揺れが激しいと言われる真ん中の階だったため、
震度6強の体感だったとのこと。

地震の間から、余震の後も嘔吐してしまい、
吐くものがないのに吐き気が止まらず、お腹が張って動けなくなったため、
会社の休憩室で横にならせてもらいました。

大きな揺れの中、名前を呼んで「大丈夫か」と何度も声をかけてくれた上司や
余震が続く中、身体を支えて階段を下りて休憩室へと連れて行ってくれた女性達に
深く感謝しています。


揺れを感じている間もハニョ&シャビのことばかり考えていましたが
幸い、地震直後に会社をすぐ出たmasaが運よくタクシーを拾って家に帰り、
早いうちにmasaとハニョ&シャビは再会できました。

その後でハニョ&シャビを一緒に車に乗せて、会社まで迎えに来てくれました。
普通じゃない状況を感じ取っているのか、
ハニョは車に乗り込んだわたしを見るなり、悲痛な声で鳴いていました。


行きも大渋滞、帰りは交通が麻痺してまったく進まず、
12kmの距離を8時間近くかかって、午前3時すぎに家に着きました。

疲弊しましたが、みんなで一つ所にいられただけでも有り難いと思っています。



今日の夕暮れ前に、そろって散歩に行きました。

空はあかるくて陽射しはあたたかく、芝生は青々としていて
テレビで繰り返し流される衝撃的で哀しい映像を観た後では、
目の前の牧歌的な景色があることが信じられないような気持ちになるとともに、
あたり前にやってくる一日一日をしっかり噛みしめなければならないと思いました。


2011-3-13-1.jpg



昨日も今日もスーパーやコンビニの商品は品薄で、
肉・野菜・パンやカップ麺・牛乳まで手に入りにくい状態。
計画的停電が行われるとのことなので、先のことも考えて備えておく必要がありますね・・・


明日からまた仕事。気持ちを切り替えなくては。

震度7の余震が3日以内に来る可能性が高いと言われています。
みなさんも本当に気をつけて下さい。

そして、今も寒くつらい思いをされている被災地の方々が、
一刻も早く救出され、大切な人たちと会えることを心からお祈り申し上げます。


*前回の記事へのコメントをいただきましてありがとうございました。
 こういう時のため、余計にうれしい気持ちで読ませていただいています。
 少し時間がかかってしまいますが、お返事を書きますのでよろしくお願いします。



2011.03.09

甘美でも華美でもなく。

ブログをお休みしている間、毎日たくさんの方が見に来てくださっていたのに
更新できず、申し訳ありません。

PCも、開かない日のほうが多く・・・
うっかり隠居するところでした。


ハニョもこんな感じ。

2011-3-9-16.jpg



年が明けてから、わんこ行事で楽しいこともいろいろとあったんですが
記事を書く余裕がまったくないまま過ぎてしまいました。



CAJAの会のキャバチームで、「キャバクラ会」をやったり。

ボランティアのメンバーに、うちとあわせてキャバオーナーが3組いるので
仲良くしてもらっています。


2011-3-9-1.jpg



気の合う面々がmoccii家に集って、

「りん・れん亭」出張の、絶賛お好み焼きを堪能したり。


2011-3-9-3.jpg



ドッグダンスをがんばったり。

今は「バック」を覚えようと頑張っているところですが、難しい・・・。


2011-3-9-2.jpg



楽しかったことはあれこれと。
今年も、楽しい思い出がたくさんできるといいな。





本題へ-


少し長くなる上、個人的な話なので (ブログはどれもきっと個人的な話だけれど
時間のある方はおつきあいいただけるとうれしいです。



午後の陽射しの中に春を感じられるようになってきて、
ふとほんの数分、物思いにふけることがあります。


つい数日前も、
はじめてmasaとシャビに会ったのは一昨年の10月のことで
そこから2年と4ヶ月が経ったんだなぁ、と・・・


もう2年。 同時に、まだたったの2年。


シャビとハニョが遊びはじめた頃。ハニョがまだ遠慮して強気じゃない。
2011-3-9-14.jpg



ハニョと出逢ってからは、3年8ヶ月が経ちました。


2011-3-9-17.jpg



これまでの人生の中でいえば、たったそれだけの短い期間が
どれほど未来を変えたんだろうと思うと
言葉では言い難い、感慨深い気持ちになる。



ハンニバルを迎える前のわたしの生活は、
たくさんの友人に囲まれて、とても賑やかで、いつも忙しくて
でもひとりの時間が一番好きで、
そして、正直に言うならばおそらく、とても孤独でした。
家でも居場所を探していた子供の頃からずっと。

いつも心のどこかで、「しっかりしなければ、しっかり生きなければ」と
言い聞かせながら気を張っていた気がします。


一人ではないことがこんなにも楽しく、愛しく、あたたかいだなんて
愛情に責任を持つということがこんなに重く、尊いことだなんて
ハンニバルを迎えなければ知らないままでいたと思う。

気がつけばいつの間にか、一人ではなくなっていました。


2011-3-9-18.jpg



結婚してさらに家族が増え、一年と少しが経った今でも、
ふと・・・「もうひとりではないなんて」と
静かな驚きと安堵を感じることがあります。


ハニョとシャビとmasaとの「家族」としての成り立ちを思うとき、
いつも心に浮かぶ情景があります。

交際をはじめてから一ヶ月足らずで親に結婚の挨拶をしに行ったので
まわりからはスピード婚と驚かれ(「犬婚」とも言われたけど
話が進む中でも、自分でも実感が沸いていませんでした。


でもある日の、ほんの何気ない日常の一瞬が、
わたしの心を強く動かしました。


2年前の冬のことです。


ふたりと二頭で遊びに出掛けた後、
当時わたしが住んでいた港区の家に帰って、
ふたりで近所のごはんやさんに出掛けた時のこと―


家から歩いて3分のお店で食事をして、本当ならもっとゆっくりすればいいのに、
masaもわたしも、申し合わせたように早めにお店を出て
家まですぐの距離を、ふたりともいつの間にか早足で
頭の中では、家で待っているハニョ&シャビのことを考えていて・・・

家の下に着くと、
今度はどちらともなく、足音を立てないように「しーっ」と指を立て、
2頭を驚かせようと、こそ泥のようにそろりそろりと家への階段を昇り・・・

でも2頭はわたし達が近づいていることを知っていて、
扉を開いた瞬間、鳴き声をあげながら胸に飛び込んできました。

尻尾をちぎれんばかりに振って抱きつくハニョとシャビを
masaと代わる代わる腕に抱きながら、
とてつもなく大きな幸福感に包まれていることに気がつきました。


ふたりともが早く家に帰りたくて、その家には大事な存在が待っていてくれる-
当たり前かもしれないけれど、こんな幸せがあったんだ、
そしてこれは一瞬で終わることではなく、この先ずっとみんなで生きていくんだと
溢れそうに大きな安堵と喜びが心を満たしたことを憶えています。


ハニョとシャビが出逢って2ヶ月が経った頃の一枚。
2011-3-9-12.jpg



甘美でもなければ、華美でもないけれど
大切な存在が、確かに腕の中にいると実感した一瞬。

それはまちがいなく、
わたしの人生においてもっとも幸福な、最良の一瞬でした。

おそらく生涯にわたって、わたしはその一瞬のことを
何度となく心に描き続けるだろうと思います。



この頃の2頭。
2011-3-9-8.jpg



そこから2年が経って、
腕の中に抱くべき大切な存在がひとつ増えることになりました。


妊娠5ヶ月も半ばを越え、来週末には6ヶ月目に入ります。
順調にいくと、夏に新しい家族が増える予定です。


2011-3-9-10.jpg



妊娠がわかったのは預かりワンコのぺーちゃんがまだ家に居た頃ですが、
初期は、つわりと眩暈で、犬たちの散歩に行っては吐き、
ペロのトイレの失敗を片付けては吐き・・・

でも、ペロが家から旅立つまでどうしても見届けたくて
ほとんど気力と根性で過ごしていました。

ぺーちゃんが無事旅立った後も、
次々にやってくる痛みや疲れと向き合うので精いっぱいの日々でした。


もともと弱いと言われていた免疫力がさらに低下したようで、
高熱を出したり、帯状疱疹が出たり・・・

1月には盲腸が再び腫れて、でも薬は使えないため様子見となり、不安な日々。


そういえば、去年に引き続き今年もおみくじは凶だった・・
2011-3-9-15.jpg



2月の前半は会社の移転で慌しく、調子が悪いとわかっていたものの、
なんとかやれるだろうと誤魔化した結果、
歯の痛みからはじまって顎の骨、首、頬まで大きく炎症して重症化してしまい、
激しい頭痛も伴って、急きょ、
大学病院で頬の内側からの切開オペを受けることになってしまいました。

「赤ちゃんは大事だけど、母体も大事」と、
「今すぐやらないと、顔の外側から大きく切ることになる」と先生に諭されながら
お腹の赤ちゃんに申し訳なくて、赤ちゃんへの影響が怖くて、ただ泣いていました。


先生自ら、「一番やりたくないオペ」だという、痛みが強いオペを
赤ちゃんへの影響を考慮して、麻酔も痛み止めもほとんど使わずにやったところ、
身体の痙攣が止まらないほどの痛みとショック・・・
専門チームの優しいスタッフの方々に手を強く握られ、
「強いね、お母さんになるんだもの、がんばれるよね」と言う声をただ聴いていました。
お腹の赤ちゃんがいなければ、オペ室から脱走していただろうな。

「一番やりたくないつらいオペ」だなんて
オペが始まってから言うなんて、先生ずるい!と思ったけどね・・・(笑)


その後は点滴や術後処置で毎日通院が続きましたが、
3月に入ってやっと体調も落ち着きました。


「生まれる前から強運だ」と周囲から言われた赤ちゃんは元気に
お腹の中をふわふわと浮かんでいます。
面倒臭そうに動く姿が、どこかハニョを思わせる・・・


黙想中。
2011-3-9-9-2.jpg



最近は胎動も感じるようになりましたが
お腹の上で寝そべるのが大好きなハニョ&シャビは
わたしより身近に胎動を感じているかもしれません。


無事に生まれてきてくれるか、きっとその瞬間まで心配ですが
ゆっくりでも、順調に育ってくれることを祈るばかりです。

これまで犬まみれで来たわたし達が、
子供が生まれてきた後にどう過ごしていくのか、それもまだうまく想像ができません。
ハニョ&シャビと、どんなふうに関わっていくかも。


2011-3-9-7.jpg



ただひとつ、思うのは、
君たちがいなければ、新しい命と出逢えなかったことは確か。


だから、どんな状況でも2頭のことを変わらずに大切にしようと
いつもmasaと確認しあっています。


2011-3-9-4.jpg



甘美でも華美でもなくていい。

ただ、2年前の冬のあの日に2頭を抱きしめた時に感じたような、
ささやかだけれど、拡げた両腕からこぼれおちそうな幸せを大切にしたい。


2011-3-9-5.jpg



ゆっくりと、一歩ずつ。


読んでくださってありがとう。


2011-3-9-6.jpg


また大きな変化が訪れようとしていますが、
どうぞこれからもよろしくお願い致します。


2011.03.03

2011年春、始動。

お久しぶりです。

ご無沙汰してしまいました。



書ききれないほど
いろいろなことがあり・・・


度重なる体調不良に、これは修行か、それとも試練かと
呆れるのを通り越して感心してしまうほど
痛みや不安を感じ続けた冬でしたが

やっと、浮上してきました。




ワンコの皆さん方は変わらず元気です。


ゴハン食べたこと、もう忘れた・・・
2011-3-2-1.jpg



苦しくて、ただ耐えているあいだも
ハニョ&シャビは様子を伺い、傍でずっとあたためてくれました。


2011-3-2-3.jpg


寄り添って重なって。


いや、単に眠かったのかもしれないが。


2011-3-2-5.jpg



力の抜けた手のひらに、そっと肉球を重ねてきて
思いやるように顔を寄せる仕草に、慰められました。


肉球を握り返す。

2011-3-2-4.jpg



ビルのあいだを通り抜けた春一番の生ぬるい風とともに

ようやく春の訪れを感じられた。


そろそろ、冬ごもりの隠居生活から目覚めなくてはね。


2010-1-29-6.jpg




今年も春がやってきました。


引越しの準備もはじまったし、
やらなくてはならないことは山積み。


梱包用のヒモ、返してくれないかなー・・・

2011-3-2-8.jpg



2011年の春。


2011-3-2-9.jpg


ずいぶん遅いスタートですが、ようやく始動します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。