--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.21

あまやどりが終わる日。


昨日はmasaの仕事が休みになったので
急きょ、日帰りで互いの実家に顔を出してきましたー。

ほんとは余裕を持っていきたいんだけどね、
仕事が休めるかどうか、前夜にならないとわからないことも多くて
予定がとても立てづらい。。

互いの母も、いつも忙しくしているのだけれど
毎度急でも、快く「どうぞ、来て~」と言ってくれて、感謝です。


今回は甥っ子たちを連れて誕生日プレゼントを一緒に買いに行ったり、
ハニョ&シャビはシャンプー&トリミングをしたり、
父の家に顔を出したり、母と少し会ったり、姉宅に寄ったり、
masaの実家でごはんをいただいたり、と盛りだくさん。


甥っ子はすっかりmasaに懐いていて、
というか、すでにわたしより、思いきり遊んでくれるmasaのほうがいいようで
masaに手紙まで書いたりしてる!
しかも、そこに「やえ」の名前は一言も出てきやしない・・・
これまでずっと可愛がってきたというのに、ひどい話です。


プレゼントはサッカーのキーパー用のグローブとスパイク。笑いがとまらないようです。
100320-14.jpg



スキップも、家族みんなに会いました。
「可愛い!」「おとなしい!」と、あっという間に人気もの。


100320-1.jpg



甥っ子のプレゼントを買いに行く間、車で待たせるのは不安なので
父の家に預けたら、
「この犬はすごくいい!これならずっと居てもいい」 と・・・ 


どうやらおとなしく父にずっと寄り添っていたようで、
鳴かず、イタズラもせず、しつこくもなく、
ただそっとくっついてくる姿がたまらなく可愛かったらしい。

「今までの犬の中で一番いい。
あの、とんでもない犬よりずっといい!!」とべた褒めでした。


とんでもない犬って・・・あれですよね、もちろん。

ゴミ箱漁ったり、テーブルの上のものを食べようとしたり、
しつこく「さわって」と強要したり、
ため息つきながら無理やりくっついてきたりする、あの犬ですよね・・・

100320-2.jpg




あっちこっち忙しなく動いていましたが、
少しでもワンコを自由に遊ばせたいと、ドッグランにも行きました!
連休だったので渋滞にハマリ、かかること2時間半・・・

30分ちょっとしか遊べなかったけれど、
それでもこんなお天気の午後は外で遊びたいだろうと、
着いてすぐにドッグランへ!


千葉に帰った時にはたまに寄る、 「ドッグラン松戸」です。


100320-4.jpg



ぽかぽか陽気の中、たくさん走りました。


シャビとハニョのコンビも・・・

100320-5.jpg



スキップとシャビのコンビも。

100320-6.jpg



3頭いると、2頭の時より遊び相手が増えて、さらに楽しそうに見えます。


シャビはあっちこっち挨拶しながら、みんなと仲良く遊んでました。
100320-7.jpg



スーは今日もボール遊びに夢中!さらに上手になったね。
100320-15.jpg



ハニョは2頭とわたし達を追いかけて、笑顔。
100320-9.jpg



スキップはお見合いも終わり、相手のおうちの準備も整って
明日お婿入りすることになりました。


当初はご主人の出張の関係で、3月の終わりからトライアル予定だったのですが
実際にスーと会ったら、早く迎えたいと思ったそうで
調整をしてくれました。

電話でもメールのやりとりでも、実際に会って話しても、
優しい、本当に優しいご夫婦のもとへ行きます。


おもちゃの取り合いっこをするようになったスキップとハニョ。
100320-11.jpg



明日持っていくためのものも準備しました。

食べ慣れたフードをジッパーに詰め、
スーの好きなおやつや、
いくら噛んでも壊れなさそうなおもちゃも買い、
ボールが気に入ったようなので時折遊んでもらえたらと伝えて、
ボールも入れて。


100320-12.jpg



関わるワンコが増えるほど、慣れていくと思っていたのに
慣れるどころか、預かるたびに、どんどん寂しさが増してるのはどうしてかなー。


別れは笑顔で、清々しく、うれしい気持ちいっぱいで、というのが
モットーだったのに、
家では、「あと4日だね。」 「明後日だね。」そんな会話が増えていって
ふと、もうすぐか~と思って胸が痛くなって。


DSC_6874-2.jpg



姉には最初から、「よくそんなことできるね。」と言われていた。

「手をかけて可愛がって、世話やしつけをして、
やっと慣れて、情が沸いた頃に手放さなくちゃいけないなんて
わたしには絶対できない。どうしてそんなことできるの?」 と。
ほとんど怒るように、そんな現実を知りたくないというように。

「うーん、どうしてだろうね、もしかして意外と情が薄いのかしら。」
と冗談まじりに答えていた。

その子が幸せになれると思えばこそなのだから、
寂しがってちゃいけないね。



スキップ。

明日から新しい毎日がはじまるよ。
君が歩く道は、まだまだ長い。

もう雨は止んだよ。
明日からはお陽様の下で、ほんとうの家族との暮らしをいっぱい楽しんでね。


君の笑顔はホントに可愛い。

100320-8.jpg


明日は笑顔で、「またね!」の挨拶をしようね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。