--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.07

つばさの秘密。


先週から仕事がまた増えて、なんともアップアップ。
というか、ほとんど半泣き。

とてもさわやかで大好きな季節なのに、
その風を感じられる時間には帰れない。

日照時間も少しずつ長くなっているのに、
帰る頃には、すでにネオンきらきら。
時には、酔っぱらいもちらほら。


そして、帰ってみれば
つばさのケージでは、トイレシートをびりびり、う○ちをふみふみ・・・ ぎゃ~

マーキングも落ち着いて、トイレは上手になったんだけどね、
待ち侘びてシートを破きたくもなっちゃうよね。

うんうん、わかる。
わたしも残業中には、書類を引き裂きたくなるしね(笑)


2010-6-5-7.jpg



まぁでも、預かりっ子が5頭めともなれば
どんな惨状も大抵は見慣れて手慣れて、
「あらー、う○ち踏んじゃったんだね~」と言いながら、つばさの足を洗い、
ケージを拭き、除菌をして、タオル類を浴室でごしごし洗う。

浴室にこもって洗っている間は、
3頭みんな、浴室に入りたがって扉をガリガリ・・・。

まあ落ち着いて、ちょっと待てあと3分


・・・というような毎日です





つばさを預かってから三週間が経ちました。


初日のハニョ&シャビの反応は、毎度ながらこんな感じ。


二頭とも、微動だにせず。
2010-5-21-1.jpg


2010-5-21-2.jpg



2010-5-21-3.jpg


これも毎度のことながら、今ではすっかりなじんでいます。


つばさについて、これまであまり書かなかったのは、
試行錯誤しながら、落ち着くまで時間をかけたかったので・・・

3週間、長く感じたな~。
ようやく落ち着いてきたので、やっと書けます。


自分たちにとっては大事な時間になったので
一連の流れを綴っておこうと思います。

長くなると思うので、犬との関わりやしつけについて興味のある方はご一読下さい―


家に来て二日目。 一応、あなたが親分ですよ。
2010-5-21-4.jpg



問題が表れたのは、家に来た次の日のこと。
突然キレるような咬みつきや唸り、攻撃的な部分が表れました。

チワワのふう太(現:テンちゃん)の時も、最初は威嚇と咬みつきがあったけれど
それとは違うもの。
ふう太は一度気持ちを預けてしまえばその後はすっかり落ち着いたけれど
つばさは、警戒でも空威張りでもなく、
「気に入らないこと」「嫌なこと」「自分がやっていることを止められること」
などに対して瞬時に咬みつく、といった感じ。

たとえば、
何かモノを抱えている時に近づこうとすれば咬む、
ソファの背に昇るのをやめさせようとすれば唸る、咬む、
テーブルに手をかけるのを注意すると咬みつく、etcetc・・・

それだけではなく、物音やおもちゃ遊びで興奮するとその勢いで咬む。
要求吠えも激しく、自分の思い通りにならないと癇癪を起こす、といった様子でした。


その咬み方も威嚇ではなく、皮膚を貫く本気咬み。

病院で健診を受けた時に、狼爪(親指の爪のようなもの)をとる処置をしたので、
家では毎日包帯を替えていたのですが、
前足に触れようとしただけで咬むため、
毎晩masaとふたりがかりで、気を逸らしながらの手当て。
特にmasaは、流血して腕が痺れるほど咬まれてたね・・・
ゆ、指に穴が空いてた・・あれはイタイ


のんきな顔と、妙な体勢でおやつ食べてますがー。 
2010-6-5-8.jpg

(カラーは傷口を舐めさせないため。今は外れました。)



叱られると、興奮してさらに激しく咬むため、
ゆっくり言い聞かせ、いいところを褒めるやり方に変えたら、以前より落ち着きました。

でも、それが正しいのかどうか、根本的な解決にはなっていない・・・

早いうちに対処のやり方を学んだほうがいい、とスタッフの方のアドバイスをもらって
プロのトレーナーの方に相談することになりました。


CAJAの会では、積極的にドッグトレーナーの方や獣医さんに関わってもらい、
預かる側もしつけや接し方を学んでいます。
会に協力してくれているトレーナーの方に相談したところ、
性質と対処法を考えるため、数日間預かってもらって様子を見てもらうことになりました。


基本的には甘えん坊で、ふだんはこんなふうにべったり。
2010-6-5-10.jpg



トレーナーの先生といろいろと話し、つばさを預けて
わたし達がそこを出ようとしたら、後追いしてキュンキュン甘えて鳴くので
後ろ髪を引かれてしまいましたー。


預かってもらっている間に毎日報告をしてくれたのですが
やはり、家に来た時と同様で、攻撃的な部分が表れている様子―

初日はいい子、次の日には先生に威嚇、2日後には咬みついたと聞いて
気持ちは凹む・・・


問題があるワンコの場合、しばらくトレーナーさんの元で預かってもらい、
プログラムを組んで改善してもらうやり方もあるそうなんですが
なんとなく、もう一度ウチに帰ってきて
家でゆっくり向き合ってリハビリしたほうがいいような気がして
先生とも相談して、迎えに行きました。

なんででしょうね。
預かってもらったほうが楽だし、咬まれるとめちゃ痛いし、
再び怪獣が戻ってくるというのに(笑)
なんだか迎えに行く足取りは軽く、
masaとふたりして、会えるのが楽しみでもあって。



実際、迎えに行ったら・・・

つばさは大喜び!

ジャンプしてはしゃぎ回って、ブレブレ。

2010-6-5-1.jpg


まだわたし達とだって、出逢って10日も経ってなかったのにね。
それでも次に会えばこんなに喜んで。


この日は、先生から見たつばさの問題点と、
対処法について教えてもらいました。


大きな問題点は以下の通り。


 ◇攻撃&噛みつき   
   気に入らないことをされたり、モノを取られそうになると咬みつく。
   また、自分より弱い犬や、男性に対して特に攻撃的。
   
 ◇要求吠え   
   食べ物が欲しい、抱っこして欲しい、ケージから出して欲しい等、吠え続ける。

 ◇警戒吠え   
   物音や来客に激しく吠える。

 ◇威嚇
   他の犬に対して先手必勝で吠える。
   強い子や大きい子に対しては弱いが、小さい子、震えてるような子に対しては攻撃に出る。

 ◇人への注目度が低い
   アイコンタクトを取れない、人に注目しない。


こうして並べると、大きなものだけでも結構ありますね・・
興奮しやすく、テリトリー意識も強いので、
来客にも攻撃的な態度に出るだろうとの注意も受けました。


原因としては、もともとの性質に加え、
「経験不足」によるところも大きいとのことでした。

おそらく、前の飼い主にまったく放っておかれたか、
しつけの類は何もされず、好き勝手にやっていたのだろうと。
そして1歳未満で愛護センターに入り、お迎えも引き出し要請もなくて
一ヶ月の間、センターで過ごしたのだから、
人や周りとの関わり方がわからないのも当然かもしれません。

咬みつきの性質の改善は難しいかもしれないけれど
できうる限り、興奮・威嚇・攻撃させない関係を作ることが大切だと
対処法も教わってきました。

トレーニング伝授中。シュナウザーの子も保護犬です。
2010-6-5-3.jpg


つばさの引き継ぎが終わった後、
犬の性質を知るための、しつけ教室も受けてきました。


今回、問題を抱えた子を預かることによって
わたし達自身も、もっと学ばなければならないと感じました。
今回のことだけじゃなく、ハニョ&シャビに対しても
これから出逢うワンコに対しても、きっと役立つと思ったので
「犬との接し方」の座学と実技をハニョ&シャビも一緒に受けました。


保護犬にも対処できるようなプログラムを組んでくれました。
2010-6-5-2.jpg


座学でわたし達が真剣に聞いている間、
ハニョ&シャビはごろごろ寝てたけどね・・・(--


実技の練習中では一転、大ハリキリ。
ご褒美にオヤツがもらえるからね・・・

2010-6-5-4.jpg



今回、いろいろと教わってなるほどな・・と思ったことのひとつに、
家の犬がわたし達の言うことを聞くのは、
信頼感があってこそだということ。
犬は、自分の好きな飼い主がそこまで怒るなら、あるいは、そこまで悲しむなら
言うことを聞こう、と思う気持ちがあって従っているのだそうです。

でも、保護犬はまっさらな状態で預かり家庭にやってくるので、
そこの部分がない。
信頼していいのかも、懐いていいのかもわからない。
懐いたところで、前の飼い主のように、またいなくなってしまうかもしれない。

それでもほとんどのワンコは、いじらしいほど頼ってくれるけれど
つばさのように、人との関わり方すらまだわかっていないワンコもいる-
それを身を持って実感しました。(咬まれ続けることによって・・・

その子の性質や個性によって、
接し方や対処を変えていかなくてはならないことも学びました。


しつけ教室の後は、ぐったりうだうだの2頭。
2010-6-5-5.jpg


帰宅してからは、つばさの問題行動が出た時の対処を、
アドバイスを受けた通りに行い続けました。


つばさの場合は、要求吠えや威嚇には無視(決して目を合わせない)、
他人や犬に対して激しく吠えたり、攻撃性が出た場合には
叱るかわりに自分のもとへ呼び、来たら褒める、ということを
繰り返し徹底しました。

一緒に遊んでいて興奮した場合は、すぐにその場を立ち去り、
離れた場所へ行って、名前を呼びます。これも、来たらとにかく褒める。


ご褒美は、褒めてたくさん撫でること。

撫でられるのが大好き。
2010-6-5-15.jpg


それから、ひとつひとつの動作できっちりアイコンタクトを取り、
人に注目させることも繰り返し練習しています。


それを続けていたところ、
これまでは人に注目せず気ままに好きなことをしていたのが
じっと目を見てこちらの様子を気にするようになりました。


こんなふうに、座って次のアクションを待てるように!
2010-6-5-12.jpg


さらには、攻撃的な部分がほとんど消えました。

たとえ物音にガルガル・・と唸り始めても
「つばさ」と名前を呼ぶことでこちらを見て、唸るのをやめるようになった。

これはすごい進歩です。うれしい。


2010-6-5-14.jpg



あとはもう、ひたすらべったり。

わたし達を信用していいと思ったのか、一緒にいる間はずっと甘えています。
常にくっついては、べたべた。


2010-6-5-16.jpg



咬みつきや攻撃的な一面があるのは消せるわけではなく、
こういった面があることを理解してもらえる先への譲渡になるため、
幅は狭いかもしれません。
誰だって、咬む可能性がないほうがいいだろうし。

それでも、「つばさがいい」と言ってくれる家族が現れてくれるといいなーと
思っています。

それまでに、少しでも人と関わることに慣れ、
よいところをたくさん引き出せるようにがんばろう。(←自分に言い聞かせてる。)


くっつけない間は、ひとりでウトウト・・
2010-6-5-13.jpg



弱い犬に対しても攻撃的なつばさですが、
ヨワヨワなはずのハニョ&シャビに対しては低姿勢。
決して咬みつきません。

なぜなのか・・?


つばさが興奮してガウガウやった時、
「グゥゥ、ワワン!!」と強気で一喝したからです。


まさかのハニョが。 有無を言わせない勢いで。

2010-6-5-18.jpg


これにはびっくり。

その一喝でハニョ&シャビを自分より強いと思ったのか、
つばさは二頭には友好的で、オヤツもきちんと順番を待ちます。

犬同士の関係を人間が変えるのは難しいので
自ら強い一面を出してくれて、ほっとしたかな。


これまで一度も、預かりワンコに対して怒ったことはなかったのにねー。

2010-6-5-17.jpg



今までの預かりワンコたちよりも
少し時間がかかったけれど・・・

やっとリラックスした顔になりました。

2010-6-5-19.jpg


この表情を見たら、ようやく少しだけ気が抜けるかな。。
素敵な家族に出逢えるように、少しずつがんばろうねー。


この記事へのトラックバックURL
http://hanxavi.blog54.fc2.com/tb.php/138-5d2c86a3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
チュバッチ、苦戦してるのね~。
でも、迎えに行って喜んでる顔がほんとに可愛いね。

要求鳴き、噛みといえば、ソニヤが犬だったらこんな感じか…と思いました。猫だけに破壊力も少ないけど(猫に噛まれて骨折する人はいないし、)その代り、要求蹴りもあって、腕は常に傷だらけ・・・。育て方が悪かったのかと思うとへこみます(が、元々こんなだったなあ。)

チュバは小型でよかったよね。大きくて噛み癖があったら本当に大変だと思う。噛み癖も含めて受け入れてくれる家族に出会えるといいね。
Posted by diastella(りす) at 2010.06.08 02:30 | 編集
そっかぁ、それでつばさちゃんの記事があまりなかったんですね。
でもそれだけやえさんmasaさんが真剣に向き合おうとしてくれたことに、つばさちゃんはきっと気がついてきたのでしょうね。

確かに噛み付くという行動は飼い主にとっても怖いと感じる行動の一つだと思います。
でもゆるぎない愛情を持って信頼関係を築く努力をしてくださる家族が見つかるよう祈っています。。。^^

うちのハナも一番大切な3ヶ月位までの時の社会化が出来てなかったので、最初は大変でした。
噛みつきはなかったものの、興奮すると押さえがきかないっていうか・・・^^;
今でも興奮しすぎると歯が当たって私たちに怒られ無視されてます(笑)

でも社会化は一時期だけでなく、一生必要なものだと理解しています。
つばさちゃんも、つばさちゃんを迎えてくださる未来の家族もその様に受けとってくださるといいですねっ。。。

それにしてもハニョが一喝!?!?!?
見てみたかったわぁ~^^v
ナイスフォローだねっ!
Posted by miko at 2010.06.08 09:15 | 編集
ワンの中ではハニョがボスなんだねーw
あぁ…強気なハニョを見てみたい。
そのときシャビは?も見てみたいw
今までの子よりも時間がかかるかもしれないけど、
やえさん&masa氏、ハニョ&シャビに見守られて学習して、
きっとつばさも家族と巡りあうと思う。

うーむ、私だったら“噛まれたら噛み返す”もんなぁ^^;
Posted by ryoko at 2010.06.08 10:42 | 編集
迎えに行ってあんな嬉しいお顔見ちゃうとなぁ。。。

masa氏、指大丈夫なのかしら。。。とか

やえさんもきっと噛まれちゃってるんだよなぁ。。やだーー (´□`。)という心配が頭を占領しました。

結構時間がかかっちゃったちゅばっち。

でも、やっと心を預けることが出来だしたみたいで安心です。

この記事の最初を読んでて

はにょシャビは大丈夫なのか?という不安が渦巻きましたが

はにょたんの一喝があったんだー。

犬をしつけるのは犬が1番上手なのかな?

はにょシャビペアは素晴らしいドックトレーナーになれそうですね!
Posted by ゆうちゃん at 2010.06.08 13:02 | 編集
やえさんたちもつばさクンもがんばってるんだねー。
最後のつばさクンの笑顔にわたしも安心しました。
このこはまだまだ伸びるよ~~~~。
そもそもは最初にであった飼い主さんの責任なのでしょうが被害をうけたのはつばさクン。
つばさクンに教えてあげたいよね。
これから少しづつ勉強していって楽しいことたくさん経験しやえさんたちのことを大好きになってほしい。それからつばさクンじゃなきゃだめ!っていう飼い主さんのとこへ。
でもやえさんのとこでゆっくりしていってもらいたいな。
Posted by 任&ぴぃのおかあちゃん at 2010.06.08 13:15 | 編集
じっくり熟読させていただきました。

やぇちゃん達の行動には、毎度頭が下がります。

つばさちゃんは、去勢はこれから?
すれば少しは変わると思うケド、性質を変えるのは難しいよねぇ。。。

咬みつき。。イテェェよねぇ(超わかるー!)

ピ~すけも、いぶし銀になって、思い通りにならず咬むことも。。。
&仕事柄。
(やぇちゃん達もあたしも、互いに咬みつかれてるね。笑)


わぉっ!!
ハンコが!。。
喝入れたってぇー!!!
すげぇよ!
さすがだ。女は強い。笑


今までの預かりっ子と同じく、きっといい飼い主さんが見つかるよ♪



Posted by ママちゃん。 at 2010.06.08 23:42 | 編集
やえ~
わかる、わかるよぉ~

ウチもSennaの興奮と噛み癖には
かれこれ半年も悩まされてますから~(;-_-) =3
特にラブラドールのパワーで
ブルドックの噛み方をされる!!ので
文字通り流血の日々でした。
お散歩で会う方々には
「もっと真剣に怒って!」とか
「一回徹底的に叩いて!」とご指摘されることもあったけど
怒れば怒るほど興奮するSennaの性格や
恐怖でしつけたくないとの思いから
理想のしつけが見つからず、本気で悩みました
パピー教室や家庭教師の先生の前では
めちゃくちゃおりこうさんなだけに
「私のこと、嫌いなのか?(ToT)」なんて悩んだり。。。

でも考えたら、ワンコにとっては
噛んだり、吠えたりすることが唯一のコミュニケーション。
良いこと・悪いこと、は人間が決めたルール。
だからこそ、そのルールを覚えてもらうためには
人間側に本当に努力が必要なんですよね。

最後はトレーナーさん宅にお泊り保育に出して
ようやく、「ルールがある」ということを
理解するようになってきました。
今はそのルールを1つ1つ、継続して、
トレーナーさんとともに私が教えるようにしています。
まだ、突然噛んだり、興奮したり、
ゼロになったわけではありませんが、
ダメだと言われてることはわかって来たようで、
噛んだ直後にすぐに離して
「噛んでません~」って誤魔化すようになりました(笑)

ワンコにだって個性があり、犬格があり、
完璧なマニュアルなんてないので、次々と預かりワンコを
迎えるやえたちの大変さは想像を絶しますが・・・
どんなワンコにも共通していること
「飼い主さん大好き&愛されたい」
を満たしてあげている以上
絶対、大丈夫!みんな幸せになれるよ。

これからも色んなワンコに
「幸せのルール」教えてあげて下さい。

まずは、つばさくんから♪

それにしても・・・
人間がこんなに悩んで試行錯誤する『ルール』を
ワンコ同士だと、一瞬で教えちゃうんですね。。。
ハニョちゃんに脱帽(u‿u✿)
Posted by あっつ at 2010.06.09 09:39 | 編集
*りすちゃん。

りすちゃん、おつかれさま!
チューバッカとつばさを掛け合わせて、「ちゅばさ」でどうかな?!(笑)
チュバ、堂々苦戦だよー!
正式には「だった」と言えるくらい、改善してるけども。
もっともっと時間がかかると思ったので
動物の持つ学習能力と適応能力の高さに驚いているよ。

ソニャが犬だったら、そんなふうだったかな?
わたしが会ったソニャは、おっとりした面しか出なかったよね。
要求鳴きならぬ、要求蹴り!ちょっと笑った・・・
ハニョは「要求叩き」があるよ(笑)
はじめは「ねぇ、ねぇ」って感じで、トントンって優しく叩いてくる、
無視してると、バシッバシッと張り手のようなものが・・・。

もしチュバがもっと大きかったら、咬まれた傷が痛いじゃ済まなかっただろうね。
そういうことも考慮されて、大型犬を愛護センターから出すのは
すごく勇気が要ることみたい。

メールありがとー!
ちょうどわたしも、前文(←本題にまだ入ってなかった)だけ
書いてたとこなの。
ナイスタイミングでびっくり。あとで送るね~♪

Posted by やえ at 2010.06.09 23:40 | 編集
*mikoちゃん。

mikoちゃん、ありがとう~。
そうなの、コツコツとトレーニング中だったので書けなかったんだー。
いや、書いてもいいんだけど、
「大変です」とか「咬みます、流血してます」じゃ、心配させちゃうしね(^^;

向こうも本気で咬んでくるので、
それに向き合うこちらも本気でした。
本気でやめさせないと、って。(咬まれるとめちゃ痛いしね。笑)
そのやめさせ方が、力ずくや叱ることではなく、
「褒める」というやり方をしていいんだ、とはっきり知ったのは
大きな収穫だったよ。
これからもいろんな子と出逢うだろうけど
その子に合ったやり方をしっかり見ていきたいなーと思ってます(^^
生まれ持った「資質」は確かにあるけれど
良いところを伸ばせるように・・・

ハニョね、一喝したものの、
その後あっさりおもちゃ取られてた(笑)

Posted by やえ at 2010.06.09 23:42 | 編集
*ryokoさん。

>ワンの中ではハニョがボスなんだねーw

そう!正確には、家の中ではハニョがボスなの(笑)
外では他のワンコにびくびく、キャンキャンだからね~。
でもやっぱり「女」なので、「イヤなものはイヤッ!」なのよ(人間と同じ?笑)
つばさが「ウガー」って暴れてたら、
「うるちゃいっ!!」って感じで一喝してました。

でもね、その後はつばさにオモチャを取られて
わたしの後ろに隠れてたよ。

>うーむ、私だったら“噛まれたら噛み返す”もんなぁ^^;

ryokoさん危険ー!
もしつばさに咬み返したら、次の瞬間には唇がなくなるかも・・・
それくらい、超本気咬みです(--

Posted by やえ at 2010.06.09 23:42 | 編集
*ゆうちゃん。

ゆうちゃん、ご心配ありがとうー。
masaの指は・・・masaの指は!!
かなりの出血で、さすがにちょっと慌てました(^^;
爪の中でも、かなり内出血してたよーブルブル。

もちろんわたしも、何度も咬まれ済みです(笑)
でもつばさは特に男性に対して攻撃的なので
masaの被害のほうがずっと大きかったよ。
今はもう、咬んでもいいことないと思ったのか、
イイコに変身してます(^^
たまに、ウゥゥ・・って言うけどね。

わたし達よりも、いつもハニョ&シャビが心配なので
最初は、大丈夫かなーと気にしていたんだけど
ほっとしました!
ハニョがなぜか強気でいったのもそうだし、
つばさを見てくれたトレーナーの先生の見解では
「自分より強い子や大きい子には逆らわない」と・・・(笑)
大きくてよかったよね~!

Posted by やえ at 2010.06.09 23:43 | 編集
*任&ぴぃのおかあちゃんさん。

毎日地味にがんばってますー。
がんばってるのかな?気負わないようにはしてるんですが(^^

今までの預かりワンコは、一週間も経つ頃にはニコニコしていたけれど
つばさは最初から伏し目がちでした。
あー時間かかるかな、これから笑ってくれるのかな・・・と考えたりしたけれど
笑顔が見られて本当によかった!
今ではよく笑っています。ほっとしましたー。
外で遊ぶ楽しさもわかってきたみたいで、
すごくうれしそうに遊ぶようになりましたよ~♪

うちでゆっくりしていくのはまったくOKで、
「気が済むまでゆっくりしていってねー」って気持ちと、
あんまりわたし達に慣れすぎると、新しい家族のもとに行った時に
また大変なんじゃないか、
懐きすぎる前に新しい家族と出逢うほうがつばさにとっても楽なんじゃないか、
と両方について、いろいろ考えます。
これも、預かるたびに考えちゃうことなんですけど
つばさの場合は慣れるまでに時間がかかるので、余計に考えちゃいますね。
焦らず、逆に慎重になりすぎず、
素敵な家族と出逢えるならいつでも!という気持ちでいることにします。

Posted by やえ at 2010.06.10 00:01 | 編集
*ママちゃん。

お返事遅くなってごめんねーー!
あれこれやっていたら夜はもうひどい眠気で
意識を失っておりました・・・

つばさは去勢はもう終わってるの。
男の子だと手術後にガラッと変わる子もいるよね。
つばさは術後もガウガウだったけど、
それでも前より穏やかになったかなー。
マーキングもひどかったんだけど、ここのところは落ち着いて
室内では腰を落としてチッコするようになったよ(^^

咬みつき、ホントイタイよね!
小型犬だからって侮れない。。傷痕がなかなか治らん。笑
ピ~ちゃん、お口大きいからガブッといきそうだよね~(^^;
歳を重ねるとどうしても頑固になって、ガブガブする子もいるよね。

ハンコロは、家の中だけ限定で強いの(^^;
外へ行くとダメダメなのに、家では許さないわよ~~!って
気持ちなのかなぁ?
でもおもちゃの取り合いではいつもあっさり負けるけどね(笑)

Posted by やえ at 2010.06.14 13:38 | 編集
*あっつ☆

お返事遅くなりました。
毎日気にかかりつつも、
犬の世話&家事が落ち着く夜11時半頃になると
とんでもない睡魔が襲ってくるのです・・あぁやだー!
もっとゆっくり夜を楽しみたいのに、夜中3時にソファで起きてしまったよ。

Sennaの噛みつき、感じてみたい(笑)
Sennaの場合は、うれしくて~楽しくて~興奮して~、抑えられない!って
感じなんだよね?
でもそれが中型~大型犬となってくると、
済まされないこともあるもんね・・・
特に他の人に同じことをした場合とか。

Sennaも怒るとエスカレートしちゃうのね。。
怒っても通じない、怒ると余計に興奮する子がいるっていうのを
一時預かりをするうちに肌で感じたよー。
逆に、一喝しないといつまでも調子に乗ってますます強くなる子もいるし、
難しいよね。
でもわたし達だって、怒られるだけじゃつらいよね。
簡単に変われないのは人も一緒だし。
そのワンコにとって合ってるしつけをがんばらないといけないよね。

と言いつつ、凹むし、ぐったりするけど(笑)
これもいつか思い出になると思ってお互いがんばろう~~。

ワンコ同士の教え方というか、学び方もすごいよ!
ワンコ同士だと勝手に学ぶんだよね(^^
わたし達がおもちゃをあげても遊ばなかったけど、
ハニョ&シャが取り合いして遊んでるのを見て
自分も遊びはじめてみたり、
チッコして褒められてるのを見て、自分もチッコして尻尾振りながら近寄ってきたり。
健気というか、ますます可愛く思えちゃう。

ゆっくり、ゆっくりだよね。
でもSennaがやんちゃなうちに会いたいなぁぁー(笑)

Posted by やえ at 2010.06.14 13:38 | 編集

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。