--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.13

夕暮れ前の散歩に思う。

東日本の地震を心配して、
たくさんのメールや電話をいただきましたが、
ご連絡が遅くなってしまってすみません。


都心部は地震直後から電話・携帯がつながらない状態が続いていて
メールの受信はできても、返信メールは送れない状態でした。

自分の親とも、昨夜ようやく連絡が取れました。


わたし達はみんな大丈夫です。



地震が来た時は恐怖に耐えるので精いっぱいでしたが・・・

会社移転後のビルは耐震ビルのため揺れが強く、
特に一番揺れが激しいと言われる真ん中の階だったため、
震度6強の体感だったとのこと。

地震の間から、余震の後も嘔吐してしまい、
吐くものがないのに吐き気が止まらず、お腹が張って動けなくなったため、
会社の休憩室で横にならせてもらいました。

大きな揺れの中、名前を呼んで「大丈夫か」と何度も声をかけてくれた上司や
余震が続く中、身体を支えて階段を下りて休憩室へと連れて行ってくれた女性達に
深く感謝しています。


揺れを感じている間もハニョ&シャビのことばかり考えていましたが
幸い、地震直後に会社をすぐ出たmasaが運よくタクシーを拾って家に帰り、
早いうちにmasaとハニョ&シャビは再会できました。

その後でハニョ&シャビを一緒に車に乗せて、会社まで迎えに来てくれました。
普通じゃない状況を感じ取っているのか、
ハニョは車に乗り込んだわたしを見るなり、悲痛な声で鳴いていました。


行きも大渋滞、帰りは交通が麻痺してまったく進まず、
12kmの距離を8時間近くかかって、午前3時すぎに家に着きました。

疲弊しましたが、みんなで一つ所にいられただけでも有り難いと思っています。



今日の夕暮れ前に、そろって散歩に行きました。

空はあかるくて陽射しはあたたかく、芝生は青々としていて
テレビで繰り返し流される衝撃的で哀しい映像を観た後では、
目の前の牧歌的な景色があることが信じられないような気持ちになるとともに、
あたり前にやってくる一日一日をしっかり噛みしめなければならないと思いました。


2011-3-13-1.jpg



昨日も今日もスーパーやコンビニの商品は品薄で、
肉・野菜・パンやカップ麺・牛乳まで手に入りにくい状態。
計画的停電が行われるとのことなので、先のことも考えて備えておく必要がありますね・・・


明日からまた仕事。気持ちを切り替えなくては。

震度7の余震が3日以内に来る可能性が高いと言われています。
みなさんも本当に気をつけて下さい。

そして、今も寒くつらい思いをされている被災地の方々が、
一刻も早く救出され、大切な人たちと会えることを心からお祈り申し上げます。


*前回の記事へのコメントをいただきましてありがとうございました。
 こういう時のため、余計にうれしい気持ちで読ませていただいています。
 少し時間がかかってしまいますが、お返事を書きますのでよろしくお願いします。



2011.03.09

甘美でも華美でもなく。

ブログをお休みしている間、毎日たくさんの方が見に来てくださっていたのに
更新できず、申し訳ありません。

PCも、開かない日のほうが多く・・・
うっかり隠居するところでした。


ハニョもこんな感じ。

2011-3-9-16.jpg



年が明けてから、わんこ行事で楽しいこともいろいろとあったんですが
記事を書く余裕がまったくないまま過ぎてしまいました。



CAJAの会のキャバチームで、「キャバクラ会」をやったり。

ボランティアのメンバーに、うちとあわせてキャバオーナーが3組いるので
仲良くしてもらっています。


2011-3-9-1.jpg



気の合う面々がmoccii家に集って、

「りん・れん亭」出張の、絶賛お好み焼きを堪能したり。


2011-3-9-3.jpg



ドッグダンスをがんばったり。

今は「バック」を覚えようと頑張っているところですが、難しい・・・。


2011-3-9-2.jpg



楽しかったことはあれこれと。
今年も、楽しい思い出がたくさんできるといいな。





本題へ-


少し長くなる上、個人的な話なので (ブログはどれもきっと個人的な話だけれど
時間のある方はおつきあいいただけるとうれしいです。



午後の陽射しの中に春を感じられるようになってきて、
ふとほんの数分、物思いにふけることがあります。


つい数日前も、
はじめてmasaとシャビに会ったのは一昨年の10月のことで
そこから2年と4ヶ月が経ったんだなぁ、と・・・


もう2年。 同時に、まだたったの2年。


シャビとハニョが遊びはじめた頃。ハニョがまだ遠慮して強気じゃない。
2011-3-9-14.jpg



ハニョと出逢ってからは、3年8ヶ月が経ちました。


2011-3-9-17.jpg



これまでの人生の中でいえば、たったそれだけの短い期間が
どれほど未来を変えたんだろうと思うと
言葉では言い難い、感慨深い気持ちになる。



ハンニバルを迎える前のわたしの生活は、
たくさんの友人に囲まれて、とても賑やかで、いつも忙しくて
でもひとりの時間が一番好きで、
そして、正直に言うならばおそらく、とても孤独でした。
家でも居場所を探していた子供の頃からずっと。

いつも心のどこかで、「しっかりしなければ、しっかり生きなければ」と
言い聞かせながら気を張っていた気がします。


一人ではないことがこんなにも楽しく、愛しく、あたたかいだなんて
愛情に責任を持つということがこんなに重く、尊いことだなんて
ハンニバルを迎えなければ知らないままでいたと思う。

気がつけばいつの間にか、一人ではなくなっていました。


2011-3-9-18.jpg



結婚してさらに家族が増え、一年と少しが経った今でも、
ふと・・・「もうひとりではないなんて」と
静かな驚きと安堵を感じることがあります。


ハニョとシャビとmasaとの「家族」としての成り立ちを思うとき、
いつも心に浮かぶ情景があります。

交際をはじめてから一ヶ月足らずで親に結婚の挨拶をしに行ったので
まわりからはスピード婚と驚かれ(「犬婚」とも言われたけど
話が進む中でも、自分でも実感が沸いていませんでした。


でもある日の、ほんの何気ない日常の一瞬が、
わたしの心を強く動かしました。


2年前の冬のことです。


ふたりと二頭で遊びに出掛けた後、
当時わたしが住んでいた港区の家に帰って、
ふたりで近所のごはんやさんに出掛けた時のこと―


家から歩いて3分のお店で食事をして、本当ならもっとゆっくりすればいいのに、
masaもわたしも、申し合わせたように早めにお店を出て
家まですぐの距離を、ふたりともいつの間にか早足で
頭の中では、家で待っているハニョ&シャビのことを考えていて・・・

家の下に着くと、
今度はどちらともなく、足音を立てないように「しーっ」と指を立て、
2頭を驚かせようと、こそ泥のようにそろりそろりと家への階段を昇り・・・

でも2頭はわたし達が近づいていることを知っていて、
扉を開いた瞬間、鳴き声をあげながら胸に飛び込んできました。

尻尾をちぎれんばかりに振って抱きつくハニョとシャビを
masaと代わる代わる腕に抱きながら、
とてつもなく大きな幸福感に包まれていることに気がつきました。


ふたりともが早く家に帰りたくて、その家には大事な存在が待っていてくれる-
当たり前かもしれないけれど、こんな幸せがあったんだ、
そしてこれは一瞬で終わることではなく、この先ずっとみんなで生きていくんだと
溢れそうに大きな安堵と喜びが心を満たしたことを憶えています。


ハニョとシャビが出逢って2ヶ月が経った頃の一枚。
2011-3-9-12.jpg



甘美でもなければ、華美でもないけれど
大切な存在が、確かに腕の中にいると実感した一瞬。

それはまちがいなく、
わたしの人生においてもっとも幸福な、最良の一瞬でした。

おそらく生涯にわたって、わたしはその一瞬のことを
何度となく心に描き続けるだろうと思います。



この頃の2頭。
2011-3-9-8.jpg



そこから2年が経って、
腕の中に抱くべき大切な存在がひとつ増えることになりました。


妊娠5ヶ月も半ばを越え、来週末には6ヶ月目に入ります。
順調にいくと、夏に新しい家族が増える予定です。


2011-3-9-10.jpg



妊娠がわかったのは預かりワンコのぺーちゃんがまだ家に居た頃ですが、
初期は、つわりと眩暈で、犬たちの散歩に行っては吐き、
ペロのトイレの失敗を片付けては吐き・・・

でも、ペロが家から旅立つまでどうしても見届けたくて
ほとんど気力と根性で過ごしていました。

ぺーちゃんが無事旅立った後も、
次々にやってくる痛みや疲れと向き合うので精いっぱいの日々でした。


もともと弱いと言われていた免疫力がさらに低下したようで、
高熱を出したり、帯状疱疹が出たり・・・

1月には盲腸が再び腫れて、でも薬は使えないため様子見となり、不安な日々。


そういえば、去年に引き続き今年もおみくじは凶だった・・
2011-3-9-15.jpg



2月の前半は会社の移転で慌しく、調子が悪いとわかっていたものの、
なんとかやれるだろうと誤魔化した結果、
歯の痛みからはじまって顎の骨、首、頬まで大きく炎症して重症化してしまい、
激しい頭痛も伴って、急きょ、
大学病院で頬の内側からの切開オペを受けることになってしまいました。

「赤ちゃんは大事だけど、母体も大事」と、
「今すぐやらないと、顔の外側から大きく切ることになる」と先生に諭されながら
お腹の赤ちゃんに申し訳なくて、赤ちゃんへの影響が怖くて、ただ泣いていました。


先生自ら、「一番やりたくないオペ」だという、痛みが強いオペを
赤ちゃんへの影響を考慮して、麻酔も痛み止めもほとんど使わずにやったところ、
身体の痙攣が止まらないほどの痛みとショック・・・
専門チームの優しいスタッフの方々に手を強く握られ、
「強いね、お母さんになるんだもの、がんばれるよね」と言う声をただ聴いていました。
お腹の赤ちゃんがいなければ、オペ室から脱走していただろうな。

「一番やりたくないつらいオペ」だなんて
オペが始まってから言うなんて、先生ずるい!と思ったけどね・・・(笑)


その後は点滴や術後処置で毎日通院が続きましたが、
3月に入ってやっと体調も落ち着きました。


「生まれる前から強運だ」と周囲から言われた赤ちゃんは元気に
お腹の中をふわふわと浮かんでいます。
面倒臭そうに動く姿が、どこかハニョを思わせる・・・


黙想中。
2011-3-9-9-2.jpg



最近は胎動も感じるようになりましたが
お腹の上で寝そべるのが大好きなハニョ&シャビは
わたしより身近に胎動を感じているかもしれません。


無事に生まれてきてくれるか、きっとその瞬間まで心配ですが
ゆっくりでも、順調に育ってくれることを祈るばかりです。

これまで犬まみれで来たわたし達が、
子供が生まれてきた後にどう過ごしていくのか、それもまだうまく想像ができません。
ハニョ&シャビと、どんなふうに関わっていくかも。


2011-3-9-7.jpg



ただひとつ、思うのは、
君たちがいなければ、新しい命と出逢えなかったことは確か。


だから、どんな状況でも2頭のことを変わらずに大切にしようと
いつもmasaと確認しあっています。


2011-3-9-4.jpg



甘美でも華美でもなくていい。

ただ、2年前の冬のあの日に2頭を抱きしめた時に感じたような、
ささやかだけれど、拡げた両腕からこぼれおちそうな幸せを大切にしたい。


2011-3-9-5.jpg



ゆっくりと、一歩ずつ。


読んでくださってありがとう。


2011-3-9-6.jpg


また大きな変化が訪れようとしていますが、
どうぞこれからもよろしくお願い致します。


2011.03.03

2011年春、始動。

お久しぶりです。

ご無沙汰してしまいました。



書ききれないほど
いろいろなことがあり・・・


度重なる体調不良に、これは修行か、それとも試練かと
呆れるのを通り越して感心してしまうほど
痛みや不安を感じ続けた冬でしたが

やっと、浮上してきました。




ワンコの皆さん方は変わらず元気です。


ゴハン食べたこと、もう忘れた・・・
2011-3-2-1.jpg



苦しくて、ただ耐えているあいだも
ハニョ&シャビは様子を伺い、傍でずっとあたためてくれました。


2011-3-2-3.jpg


寄り添って重なって。


いや、単に眠かったのかもしれないが。


2011-3-2-5.jpg



力の抜けた手のひらに、そっと肉球を重ねてきて
思いやるように顔を寄せる仕草に、慰められました。


肉球を握り返す。

2011-3-2-4.jpg



ビルのあいだを通り抜けた春一番の生ぬるい風とともに

ようやく春の訪れを感じられた。


そろそろ、冬ごもりの隠居生活から目覚めなくてはね。


2010-1-29-6.jpg




今年も春がやってきました。


引越しの準備もはじまったし、
やらなくてはならないことは山積み。


梱包用のヒモ、返してくれないかなー・・・

2011-3-2-8.jpg



2011年の春。


2011-3-2-9.jpg


ずいぶん遅いスタートですが、ようやく始動します。


2011.01.29

生涯フレンドリー宣言、犬生満喫。

わたしが知りうる限り、

世界一陽気な男、シャビ。


2010-1-29-1.jpg



常に上機嫌。


いつもテケテケ走り。


2010-1-29-2.jpg



「遊ぶ!メシ!寝る!」が三本柱で、

それさえあれば言うことナシ。


犬生満喫。


深大寺にて。
2010-1-29-10.jpg



生涯フレンドリー宣言。

ワンコも人も大歓迎。
預かりワンコにもフレンドリー。

相手に遊ぶ気があればはしゃいで遊ぶけれど、
相手にその気がなければ、決してしつこくしない男、シャビ。


2010-1-29-17.jpg


人に甘えるのも大好き。


お友達ワンコのパパさんの膝の上を独占。
2010-1-29-3.jpg



一見、凛々しい顔とは違って、
まったくクールなところがないシャビ。


外ではうれしそうに駆け回り、
家の中では猫のようにべったり。


何か怒られたとしても、3秒あるいは3歩で忘れる男、シャビ。


2010-1-29-5.jpg



外でのシャビは、ハニョのナイト。

ハニョの前をぐいぐいと、先頭を切って歩く。

外でハニョが不安そうにしていると
気にかけて様子を見に行く、カッコイイ男シャビ。


城南島ドッグランにて。
2010-1-29-15.jpg


8月、新潟の海。
2010-1-29-8.jpg



今日は、2ワンの大好きなドッグラン、
お台場の『綱吉の湯』へ。


2010-1-29-9.jpg



楽しそうな顔を見ていると、

わたし達もうれしくなる。


2010-1-29-18.jpg



追いかけっこして走って、ひなたぼっこをして

寝転がって。


2010-1-29-11.jpg



masaにとって、わたしにとって、
そしてハニョにとって、

唯一無二の存在のシャビ。


「犬と暮らす」ということは、
こんなにあかるく、こんなに楽しいものだと教えてくれた。


2010-1-29-14.jpg



あなたに出逢えて一緒に暮らせる幸せ。


真剣な表情でケーキ待ち。
2010-1-29-16.jpg



シャビ、4歳のお誕生日おめでとう。


2010-1-29-12.jpg


ずっと、あなたらしさが輝き続けますように。


2010.12.31

さよなら2010年。また会いましょう。

実感もないままに2010年も終わろうとしています。

やっと書き終わった年賀状を目の前にほっとした瞬間、
コーヒーカップを年賀状の上にドバッと倒してしまい、ぎゃー!

昨日慌てて新しい年賀状を買いに郵便局へと走り、
印刷からやり直し(涙) やはりわたしだ・・・。


ヒィヒィ言いながら必死にやっている中、
目の前には相変わらず、うだうだ・のろのろと暖をとる姿が。


やはり、眉毛下げて凝視。

2010-12-30-1.jpg



あったかマットの「ねころんぼ」を出した途端、大集合。


シャビに押しつぶされているというのに、ハニョは気にならない様子。

2010-12-30-4.jpg



溜まっていた疲れを癒そうとお風呂に入っても、
いつもよりちょっと長く入ったくらいで、
ドンドン!と洗面所の扉を叩く音がする・・・。


もちろん、ハニョです。

人がお風呂に入っている時間を測っているのか?
いつもより長風呂だと、扉をバンバン叩いて
「まだ?まだなの?」とやってくるんですよーー。


2010-12-22-2_20101230225155.jpg




ぺーちゃんの件では、一緒に喜んでいただいてありがとうございました。

メールでも日々の様子をご連絡いただいてるうえ、
今日、お手紙と写真が届いたのですが、
幸せに溢れている内容で、胸がいっぱいになります。


「なでて」とそっと控えめに片手で触れてくるしぐさはなんともいえず、
遠慮しないで~とついつい撫でまわしてしまい、とっても甘やかしてしまいそうです。
主人はいつも連れて歩いていて抱っこばかりしています。
夜は本当に一緒に寝ていて、ケージの出番がありません。



とのこと

おうちにも慣れてきて、それぞれの場所で自分の席を決めているそうです。


名前はペロのままと仰っていたのですが、
先代のわんこと呼び名が似ていて間違えてしまいそうとのことで、
「ルーちゃん」になりました。 
本名は「ルーカス」です。 素敵な名前♪


陽だまりの中で寝ている写真。

2010-12-30-3.jpg


「幸せな年末になりました。」と書き添えられていました。

お正月だけじゃなくて、
ずっとずっと幸せな毎日を送れるね。




最近、ルーちゃんのことを書くことが多かったので
あまり大きな出番のなかったハニョ&シャビですが
ハニョの悪行は相変わらずです。

毎日が知恵比べ。


預かりワンコがいる時は、トイレトレーニングでの失敗も多いので
スリッパ代わりにクロックスを履いているんですが
(チッコを踏んでしまっても、さっと洗えてすぐに乾く)

ハニョはこのクロックスをいかにして奪うか、ご執心でした。


足から引き抜く、トイレに行った隙に奪う etc 
手段は選ばない。


2010-12-30-5.jpg


ここで、「返して!」などと言うとハニョを喜ばせてしまうので
見ないように見ないように、無視していると・・・


ハニョも頭の使いどころ。


わざわざ目に入りやすい場所に移動し、

よいしょ、よいしょと器用に前脚を使ってクロックスを立てて・・・

2010-12-30-6.jpg



「見えますよね?」と、猛烈にアピールしてくる


「返してほしくないんですか?」
2010-12-30-7.jpg


本当にこれは犬なのだろうか・・・。

日々、余計な知能がUPしてる。





大晦日になりました。


一年を振り返って、いろいろあったなーとしみじみする間もなく、
年が明けてしまいそうです。


一昨年の2009年は引越しにはじまり、
預かりワンコのボランティアを開始して、結婚式の準備と、
休む間もない一年だったので

2010年は少しはゆっくりしようね~なんて言ってたのに
なんのことはない、
2010年もスケジュール帳や時計とにらめっこしながらの慌しい一年となりました。

それでも、着実に一歩ずつ歩みを進められたと少しほっとしています。


来たる2011年こそは少しずつゆっくりする生活にシフトしたい、と思いつつ、
どんな一年になるだろう。


わたしは2月に会社の移転を控えて仕事はドタバタ、
3月には家も引っ越す予定です。

そう、春には東京を離れます。
といっても引越し先は近県だけどね。

引っ越すにあたって、やることリストがたくさんあるので
のっけから、忙しくなりそうな予感・・・。


2010-12-30-12.jpg



そんなわけで、しばらくブログもおやすみをいただこうと思います。

しばらくゆっくり過ごして、
余裕が出てきたらまた記事を書きたいと思います。

もしくは、書きたいことがあふれたなら。


復帰は未定ですが、
時間的・体力的な余裕があれば、気まぐれに更新するかもしれません。


先週のドッグラン。お正月も行ってきますー。
2010-12-30-8.jpg



今年一年、ありがとうございました。


しょうもないことばかり書き綴ってきましたが、
遊びに来ていただいてとてもうれしかったです。

時間がなくて、なかなかコメント欄も開けられませんでしたが
コメントをいただくと、それもとてもうれしくて。


2010-12-30-9.jpg



どうぞ良い年をお迎えください。


新しくはじまる一年が、
みなさんにとって穏やかで健やかな日々でありますように。

優しくあたたかい気持ちになれることが、
たくさん、たくさんありますように。


大切な存在に癒され助けられ、
大切な存在のためにがんばれる一年になりますように。


次の曲がり角に、いつも素敵なことが待っていますように!



2010-12-30-14.jpg


またお会いしましょう。 良いお年を!

2011年もよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。